特集 働く理系女性のための価値の優先順位のおはなし

 

 

悩みや課題をスッキリ解決する鍵は「価値の優先順位」にあり?!

働く理系女性に限らず、
生きていれば、誰もが、様々な悩み、課題に遭遇することがあります。

働く理系女性が人生で遭遇する悩みとして代表的なものには
「結婚」、「不妊」、「出産」、「復職」、「育児」、「託児」、「別居」、
「職場の人間関係」、そして「キャリアデザイン」があります。

あなたはこういう悩みを感じたことはありませんか?

 

□ 男性ばかりの職場で、産休・育休の制度があっても、 実際に取得できる環境、雰囲気ではない。

□ 長時間労働が恒常化し、とても妊娠できるような環境ではない。

□ 妊娠したことをなかなか言い出せない。

□ 無理がたたって流産してしまった。心身ともにぼろぼろだが職場の人には一切相談できない。

□ 長い育児休暇明けの復職は、技術についていけるか不安。

□ 子どもを欲しがる夫に、子どもを望んでいないことを打ち明けられない。

□ 子育てに関する情報、業界の動向など身近に情報を交換できる人がいない。

□ 周りが男性ばかりで、10年後、20年後の、将来の自分のキャリアが描けない。

□ 身近に普通のロールモデルがいない。

□ 子どもの急な病気のときなど、身近に気軽に頼れる相手がいない。

□ 休みも働くことが多く、子どもとの時間がほとんどとれない。

□ 転勤しなければならず、家族がばらばらになる。

□ 上司や同僚が女性蔑視したり、差別する。

□ 同期がどんどん出世して、取り残されたような気がする。

□ 男性間では当たり前のように交換されるノウハウや情報をなかなか入手できない。

□ 残業しないと評価されない。

□ 前例がないという理由で、昇進・昇格の機会が失われる。

□ いつも頑張らなくてはいけないような気がして、気が休まらない。

□ 夫の仕事を優先しなければならない。

 

悩み、課題に遭遇したときには、その都度、その都度、
不安、怖れ、嫌悪、怒り、憎しみ、
賞賛、心酔、崇拝、傾倒、といった偏った認識を整理して、
自分が直面した悩み、課題の本質を明確にし、
選択肢には何があって、そのうちのどれを選んで、どれを選ばないのか、
何を手に入れて、何を手放すのか、
を決める必要があります。

しかし、一旦悩みや課題に直面すると、
不安、怖れ、嫌悪、怒り、憎しみといった偏った認識から抜け出すことができず、
感情的になっている状態で、その場しのぎの解決策を選んでしまいがちです。

身近に相談する人がいらっしゃれば、
人に聞いてもらうことで、悩みや課題が整理されることもあるでしょう。
しかし、またふつふつと悩みや課題が湧き上がってくるようでしたら、
一時しのぎにしかなっていません。

不安、怖れ、嫌悪、怒り、憎しみ、
賞賛、心酔、崇拝、傾倒、といった偏った認識をきちんと整理して、
自分が直面した悩み、課題の本質を明確にできれば、
選択肢には何があって、そのうちのどれを選んで、どれを選ばないのか、
何を手に入れて、何を手放すのか、
がスッキリと見えてきます。

実は、悩みや課題を整理するとっておきの方法があります。
その鍵になるのが、この特集のテーマ「価値の優先順位(=価値観)」です。

 

 

価値観について、こちらの動画に簡単にまとめています。

 

ドクター・ディマティーニについて

この特集テーマでお伝えするのは、
人間行動学と自己啓発の分野で世界的な権威として知られるjohn20in20hotel20lr
ドクター・ディマティーニによって開発された、
「ディマティーニ・メソッド®」
「バリュー・ディターミネーション®」
と呼ばれる2つのメソッドがベースになっています。

ドクター・ディマティーニは、
40年以上、物理学、哲学、理論、形而上学、心理学、天文学、数学、神経学、生理学等の290を超える学問分野を、調査、研究し(現在も続いています)、
それらを統合して、ディマティーニ・メソッド®と、バリュー・ディターミネーション®を開発しました。
ドクター・ディマティーニが開発したプログラムは、
有名スポーツ選手、ハリウッドスター、政治家、国連大使、心理学者、精神科医、
ソーシャルワーカー、医療関係者、企業役員、金融の専門家など
世界60カ国以上200万人を超える人たちによって利用され、人生の変容に貢献しています。

 

ナビゲーターについて

特集のナビゲートは、ドクター・ディマティーニから、ディマティーニ・メソッド®とバリュー・ディターミネーション®とを直接学び、ディマティーニ・バリューファクターファシリテーターとトレインド・ディマティーニ・メソッド・ファシリテーターの公認資格を有する、働く理系女性の藤田早百合が担当します。

この特集は、

□ 現状に何となく危機感がある

□ 現在、悩みや課題のまっただ中にある

□ 人生の方向性が分からない

□ 将来像が描けない

という働く理系女性が、人生で遭遇する悩みや課題を
自分自身で客観的な視点で整理し、
自分らしい、納得感がある選択をするための方法を学び、実践できるように設計しました。

特集を読み終えたときには、人生に対して新しい視点を得ることができるでしょう。

 

目次

1.  価値の優先順位(価値の階層)とは?

2. 他人が望むような生き方をしようとしていませんか?

3. 他人が望むような生き方をしようとしているかワークで明らかに?!

4. あなたが好きで好きで仕方がないことは?

5. 価値の優先順位を明確にする「バリュー・ディターミネーション®」その1

6. 価値の優先順位を明確にする「バリュー・ディターミネーション®」その2

7. 価値の優先順位が高い分野で成功していることを確認してみましょう

8. 価値の優先順位を相対的に上げる方法

9. 「価値観を知る」、「心のバランスをとる」、「価値観を生きる」 

10. 心のバランスが崩れるのは何故か?

11. すべての物事はポジティブでもネガティブでもない中庸(ニュートラル)なもの 

12. 悩みや課題に対するネガティブな認識を中和するワーク

13. 心浮かれるポジティブな認識を中和するワーク

14. ディマティーニ・メソッド®に取り組む5つの方法

15. ディマティーニ・メソッド®にまつまるよくあるご質問

16. 自分の「価値の優先順位」に従って生きる

17. 自分の常識は、他人の非常識かも?!

18. 他人とコミュニケーションする3種類の方法

19. ケアリングの4つのステップ

20. 相手の価値観を明らかにする

21. 相手のやる気スイッチを刺激する

22. 相手に貼っているレッテルの反対側にも目を向ける

23. 職業意識を高めるためのワーク

24. 自分にとって価値の高いものとリンクさせるワークのコツ

25. 意識しなくても勝手に行動スイッチが入る目標のたて方 その1

26. 意識しなくても勝手に行動スイッチが入る目標のたて方 その2

27. 意識しなくても勝手に行動スイッチが入る目標のたて方 その3

28. 意識しなくても勝手に行動スイッチが入る目標のたて方 その4

29. 悩みや課題を整理するコツ

30. 働く理系女性のための価値の優先順位のまとめ