第87話.兄弟姉妹で同じように接しないとダメ?

 

 ご訪問ありがとうございます 

 

長女ちゃんと、次女ちゃんと、長男君は、食べ物の好みが結構違います。

長女ちゃんは嫌いなものでも我慢して食べるのに対し、

次女ちゃんと長男君は嫌いなものを食べると、はき出してしまって食べません。

だから嫌いなメニューだったときに、

長女ちゃんには、「頑張って食べて!」というけど、

次女ちゃんには、「仕方が無いから残していいよ。」と言いがちです。

そんなママの対応に、長女ちゃんは、

「嫌いでも我慢して食べているのに!」と不満を持っているようです

兄弟姉妹で同じように接するのは、難しいなと思うことありますよね?

 

* このブログのお話は、家族が大好きな《わたし》の経験に基づき作成したフィクションです。 *

 

はじめての方は はじめに もあわせてお読みください♪

 

*****

 

今日の晩ご飯のメニューは、麻婆豆腐と餃子。

長男君は麻婆豆腐をおかわりして食べたけど、

長女ちゃんと次女ちゃんの口には合わなかったようです。

 

 

長女
ママ、麻婆豆腐マズイよ。残してもいい?

 

長男
ママ、僕は麻婆豆腐おかわり!

 

次女
わたしも、麻婆豆腐残したい。

気持ちが悪いよ。

 

ママ

えー!まずくないよ!おいしいじゃないの!

ちゃんと食べて欲しいなぁ。

 

次女
ママの味覚がヘンなんだよ!麻婆豆腐まずいよ!

これ以上食べたらはいちゃうよ。

 

ママ
「吐きそう」って、大げさだよ!

じゃあ、半分は食べなよ!

 

長女
じゃあ、わたしも麻婆豆腐半分食べたらいいよね?

 

ママ
あなたは全部食べられるでしょ!

食べられるなら、食べなよ!

 

長女
えー!ずるいよ!

わたしは我慢して食べるんだよ!

だったら、みんな食べるべきだよ!

 

次女
わたしはね、食べたら吐いちゃうの。

お姉ちゃんとは全然違うの。

わたしが吐いてもいいっていうの?

 

そうして、長女ちゃんと次女ちゃんは、言い合いになり、

とっくみあいのケンカを始めるのでした。

 

 

 

こういう展開になると、どっと疲れますよね?

 

ママの理想は、

「子どもたちがみんな、ご飯を残さず食べてくれること」

でした。

でも、兄弟姉妹だからと言って、

味覚も、好みも、食べる量も、体質も、違います。

 

そのことを考慮すると、

兄弟姉妹を同じように扱うの難しいですよね?

 

しかし、ママは、

「兄弟姉妹となるべく同じように接する、差別しないのがいい」

という幻想《思い込み》を持っていました。

だからママは、

兄弟姉妹を同じように接することができていないと感じて、

罪悪感を持ちました。

 

ママが

「兄弟姉妹となるべく同じように接する、差別しないのがいい」

と思うのは、

差別をすることで子どものこころを傷つけて、

「どうせわたしなんか」

という、自己卑下を助長すると思っているからのようです。

 

でもね、

「同じように接する」といっても、

子どもたちがどう感じるかなんですよね。

だから、同じように接していても、

子どもたちは、差別していると感じるかもしれません。

 

それに、兄弟姉妹で同じように接しても、接しなくても、

それぞれにメリットとデメリットが同じだけあって、

どちらかの方がいいのではなく、どちらでもいいんですね。

 

もし、

「兄弟姉妹で同じように接しないとダメ!」または「兄弟姉妹で同じように接してはダメ!」

と思っていらっしゃるようでしたら、それは幻想《思い込み》です。

 

兄弟姉妹で同じように接することの、デメリットをメリットと同じだけあげました。

その上で、ママは、

「食べたくないものを無理に食べなくてもいいか」

と判断し、

二人に無理に食べなくてもいいことを伝えました。

 

 

ママ
じゃあね、二人とも麻婆豆腐残してもいいから、

その代わり餃子をいっぱい食べてね。

 

次女
え?!いいの?

 

長女
わたしもいいの?!

 

ママ
いいよ!無理に食べなくていいよ!

餃子を2つ多くたべたらいいよ。

 

次女
じゃあ、そうする!

ママありがとう!

 

長女
ママありがとう!

でも、わたし、もう全部食べちゃった!

 

 

結果として、姉妹で同じように接する提案をしました。

だから、長女ちゃんかも、次女ちゃんも受け入れやすくなったようです。

 

続きます♪

 

ブログランキングに参加しています♪ いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ

 

5月・6月のイベントのお知らせ

 

*おしゃべり会

■その1

● テーマ:「ゲームにまつわるイライラ」ゲームにまつわるイライラについて、とことん語り合います。
● 日 時:2018年6月2日(土)10:00~11:45 出入り自由です♪
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

 

■その2

● テーマ:「なし」参加者のお悩みについて、とことん語り合います。。
● 日 時:2018年6月13日(水)10:00~11:45 出入り自由です♪
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

*お悩み解消セミナー

● テーマ:「子どもの急な病気」への不安を解消しよう!
● 日 時:2018年6月16日(土)13:00~15:30 15分前から受付
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

この記事をSNSでシェアしていただけると、とってもうれしいです♪

コメントする

あなたのe-mailアドレスは発行されていません。 Required fields are marked *