第77話.イライラMAXのピンチをうまく切り抜けたい!(その3)

 

 ご訪問ありがとうございます 

 

ゲームの設定不良が原因で、

長女ちゃんのイライラが爆発。

長女ちゃんのイライラをぶつけられたママも、

イライラが爆発してしまいました。

子どもからイライラをぶつけられて、イライラするときありますよね?

ママは左手ちゃんと一緒にイライラした気持ちを解消させようとしています

 

* このブログのお話は、家族が大好きな《わたし》の経験に基づき作成したフィクションです。 *

 

はじめての方は はじめに もあわせてお読みください♪

 

「イライラMAXのピンチをうまく切り抜けたい!」の その1、 その2 もあわせてお読みください♪

 

*****

 

左手ちゃん

ママは、何度も蹴ったのが嫌なの?

ママのせいにしたのが嫌なの?

 

ママ

わたしのせいにして、

それをぶつけてきたのがイヤ!

 

左手ちゃん

確か、前もそうだったよね!

じゃあ、ママが人のせいにして、

その人にあたったのはいつ?

 

ママ

そりゃあもう、いっぱいあるよ。

わたしは、基本人のせいにするからね。

旦那にもやったし、お母さん、お父さんにもやった。

子どもにもやったことある。同僚や上司、友達にだってある。

 

左手ちゃん
そ、そうなんだ。

じゃあ、ひとつひとつ具体的にみていくよ。

じゃあ、旦那さんのせいにして、旦那さんにイライラをぶつけたのはいつ?

 

ママ

あれは去年のお盆。8月14日。お昼頃に家で。

旦那にイライラをぶつけたよ。

 

左手ちゃん
そのことを誰が見たり聞いたりして知っている?

 

ママ
長女、次女、長男、母。

 

左手ちゃん
他に、旦那さんのせいにして、旦那さんにイライラをぶつけたのはいつ?

 

 

ママ
3月中旬のお昼ぐらいに、家で。

それは旦那だけが知っている。

 

 

ママは、こんな具合に、

ママが人のせいにして、その人に八つ当たりした具体的な場面を

一つ一つ明らかにしました。

ママが人のせいにして、その人に八つ当たりする人だということを、

周りの人がよ~く知っていて、

隠したってムダ!バレバレだと言うことを確認しました。

 

左手ちゃん

ママは、長女ちゃんと全く同じだけ、

人のせいにして、その人に八つ当たりするって言える?

 

ママ
うん、間違いないね。わたしの方がやっているぐらいだね。

 

左手ちゃん
じゃあ、長女ちゃんがママのせいにして、

ママに八つ当たりしたからこそ、できたこと、しなくてすんだことって何?

 

ママ

ないよ!そんなもの!

 

左手ちゃん
あるよ、絶対ある!

長女ちゃんがインターネットにつながらなくなったのをママのせいにして、

長女ちゃんがママにあたった瞬間に行ってごらん!

ママがしなくてもよかったこと、できたことは何?

 

ママ

何度も蹴られたので、頭にきて娘を蹴り返した。

でも、これは、できたからよかったというものではないし、

うれしいものでもないよ。

 

左手ちゃん
ママはなんで蹴り返したんだっけ?

 

ママ

そりゃあ、長女から何度も蹴られて痛かったから、長女の暴力をやめさせるためだよ。

わたしが蹴らなかったら、長女の暴力はエスカレートしちゃうからね。

 

左手ちゃん
最終的には、暴力はやめたんだよね?

長女ちゃんの怒りは収まった感じ?

 

ママ

怒りが収まったかどうかはわからないけど、

あれだけ暴れたら、あきらめもつくでしょう。

 

左手ちゃん

インターネットにつながらなくて、

イライラを収まらない長女ちゃんを、

最終的にはあきらめさせることができたってこと?

 

ママ

それってメリットなの?

なんでわたしが、あんな目にあってまで、長女をあきらめさせなきゃいけないの?

 

左手ちゃん

でもママ、そういう長女ちゃんでしょ?

ゲームのこととなると我を忘れて、イライラしちゃってさ、

誰かに当たらずには、イライラを納めることができないんだよ。

それはママに向かわなかったしたら、

次女ちゃんとか、長男君とか、物とかに向かうだけだよ。

ママは、長女ちゃんのイライラを受けることで、

それらを守ることができたんじゃない?

 

ママ

だから、それってメリットなの?

長女がイライラした気持ちを自分でなんとかしろよって、思うね!

 

左手ちゃん

だったらママの今のイライラだって、

ママがなんとかしろってことでしょ?

イライラした気持ちは、「なんとかしろ」って言われても、なんともならないよね?

なんとかできるなら、くそばばあになったりしないでしょ?

ママは、そのことをよ~くわかっているよね?

何度も言うけど、長女ちゃんは、とっても楽しみにしていたゲームができなくなったら、

イライラしちゃうんだよ。

そして誰かに当たらずには、そのイライラを納めることができないんだよ。

 

 

ママは左手ちゃんの話を何度も何度も聞いて

ようやく長女ちゃんがイライラしたことを受け入れられました。

そして長女ちゃんのイライラが、ママに向かったからこそ、

次女ちゃんと、長男君を、長女ちゃんのイライラから守ることができて、

次女ちゃんと、長男君がママの味方になってくれたことが賦に落ちました。

それから、

 

長女ちゃんがインターネットにつながらなくなったのをママのせいにして、

長女ちゃんがママにあたったことで、

ママがしなくてもよかったこと、できたことが、

「次女ちゃんと、長男君は楽しくゲームで遊び続けることができた。

 次女ちゃんと、長男君は怪我をしなかった。

 次女ちゃんと、長男君は長女ちゃんとの仲が悪くならなかった。」

といった具合に、

何個も何個も出てきました。

 

すると、不思議なことにママの認識は、

長女ちゃんがイライラを自分に向けてくれてよかった、

とかわったのです。

 

 

ママ
あれれ?あんなにイヤだったのに、

長女がイライラを自分に向けてくれてよかったって認識がかわったよ!

嘘でしょ!何度も蹴られて痛かったのに!

死ね!とかひどいことを言われたのに!

 

 

続きます♪

 

ブログランキングに参加しています♪ いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ

 

5月・6月のイベントのお知らせ

 

*おしゃべり会

● テーマ:「ゲームにまつわるイライラ」ゲームにまつわるイライラについて、とことん語り合います。
● 日 時:2018年6月2日(水)10:00~11:45 出入り自由です♪
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

*お悩み解消セミナー

● テーマ:「子どもの急な病気」への不安を解消しよう!
● 日 時:2018年5月26日(土)13:30~16:00 15分前から受付
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

この記事をSNSでシェアしていただけると、とってもうれしいです♪

コメントする

あなたのe-mailアドレスは発行されていません。 Required fields are marked *