第68話.お手伝いをしなくてはダメ? (その3)

 

 ご訪問ありがとうございます 

 

ゴールデンウィークの最終日は家でまったりすごすことにしました。

ママは、子どもたちに、掃除や洗濯などの家事を手伝ってもらいたかったのですが、

長女ちゃんも、次女ちゃんも嫌がります。

「手伝って!」とお願いしたのに、嫌がられるとイラッときますよね?

ママは、手伝いをしてくれない、長女ちゃんと次女ちゃんに対するイライラを

左手ちゃんと一緒に解消しようとしています。

 

* このブログのお話は、家族が大好きな《わたし》の経験に基づき作成したフィクションです。 *

 

はじめての方は はじめに もあわせてお読みください♪

 

「お手伝いをしなくてはダメ?」 その1、  その2 もあわせてお読みください♪

 

*****

 

ママのイライラが収まってきたので、

左手ちゃんはママが持っている幻想《思い込み》を整理することにしました。

 

左手ちゃん

ママ、落ち着いたところで、ちょっと整理するよ。

小学生はお手伝いをやって当たり前、と思っているのは、

ママの幻想だよね?

 

ママ

確かに、幻想かもしれない。

まだ遊びたい盛りだもんね。

お手伝いをするよりも、ゲームをしたいよね。

よく考えてみれば、

長女も、次女も全くお手伝いをしないわけじゃないんだよね。

 

 

ママは、長女ちゃんと次女ちゃんが毎日お手伝いをしてくれることを思い出しました。

 

 

左手ちゃん

例えば、どんなことを手伝ってくれるの?

 

ママ

長女はね、

ゲームの時間キーパーでしょ、

お菓子配る係でしょ、

たまにお風呂洗いを手伝ってくれるし、

朝ご飯を作ってくれるときもある。

食事の準備で、お皿をよく並べてくれるし、

長男の面倒をよく見てくれる。

近くのコンビニにお使いに行ってくれるときもある。

 

左手ちゃん

随分たくさんやってくれているじゃない!

 

ママ

そうなのよ。結構たくさんやってくれているのよ。

次女はね、

たまにお風呂洗いや洗面台の掃除を手伝ってくれて、

液体洗剤の詰め替えをしてくれる。

長女の指示で、お皿を並べたりするのを手伝ったりもしている。

あと、長男の面倒を見てくれる。

 

左手ちゃん

次女ちゃんは、長女ちゃんに比べて少なめだね。

でもちゃんと手伝ってくれるじゃないの。

 

ママ

そう、ちゃんと手伝ってくれている。

長男は、たたんだタオルをしまってくれるかな。

掃除機をかけていると、手伝ってくれる。

 

左手ちゃん

おー!長男君もちゃんとお手伝いをしている!

 

ママ

簡単なことを頼むと結構喜んでやってくれるよ。

長男は、トイレに行くとか、脱いだ服を洗濯かごにいれるとか、

基本的なことを自分でやってくれるだけで、本当に助かっている。

 

左手ちゃん

なるほど、確かにそうだよね。

じゃあね、子どもたちが自分でやってくれて

ママが助かっていることは他にはどんなことがあるの?

 

ママ

うーん。

長女と、次女は、宿題を児童館でやってきてくれるから、

とっても助かっているかな。

 

左手ちゃん

宿題自分でやってくれると助かるよね。

「宿題やったの?」ってガミガミいうの大変だもんね。

 

ママ

そうそう。

長女は、朝自分で起きて、自分でご飯を食べてくれるから助かっているかな。

次女は何度か起こさないと起きないし、

起きてからもしばらくはボーっとしていて、自分ではご飯を食べないんだよね。

長男に至っては、抱っこしないと起きないし、抱っこしていないとご飯を食べない。

 

左手ちゃん

朝の忙しい時間に、それは助かるよね。

 

ママ

長女と次女は、自分たちだけで公園で遊んでこれるから、

お休みの時なんかはとっても助かっている。

お掃除とか、お布団干しとかが、はかどるもん。

 

左手ちゃん

なるほど、それは助かるよね。

 

ママ

まだたくさんあると思うんだけど、

これだけでも随分とお手伝いしてくれているんだなって、改めて気づいたよ。

 

左手ちゃん

そうだよね、たくさんお手伝いをしてくれているよね?

どう?子どもたちはお手伝いをするのが当然ってまだ思っている?

 

ママ

こんなにたくさんお手伝いをやってくれていて、とても助かっているんだけど、

なんかね、まだひっかかるんだよね。

 

 

ママは、子どもたちが、随分とたくさんお手伝いをしてくれていることに気づきました。

だけど、まだモヤモヤしたものが残っているようです。

 

 

左手ちゃん

それは、ママが洗濯物を間違えることに、文句を言われるのが嫌だからじゃない?

つまり、ママが洗濯をたたみたくないだけなんじゃない?

 

ママ

あ、そうかも!

 

 

ママは、モヤモヤの原因がわかった気がしました。

ママは、

文句を言うなら、自分でやれ!

 自分でやらないなら、文句を言うな!

って思っていますから、

文句を言われながら、洗濯物の片付けをやるのはものすごく嫌だったんですね。

それで、洗濯物の片付けを文句を言う人に代わって欲しかった。

そのことを

「お手伝いをしないのはけしからん!」

と、とらえていたから、話がややこしくなっちゃったんですね。

 

続きます♪

 

ブログランキングに参加しています♪ いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ

 

5月のイベントのお知らせ

 

*おしゃべり会

● テーマ:「特になし」参加者のお悩みについて、とことん語り合います。
● 日 時:2018年5月16日(水)10:00~11:45 出入り自由です♪
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

*お悩み解消セミナー

● テーマ:「子どもの急な病気」への不安を解消しよう!
● 日 時:2018年5月26日(土)13:30~16:00 15分前から受付
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

この記事をSNSでシェアしていただけると、とってもうれしいです♪

コメントする

あなたのe-mailアドレスは発行されていません。 Required fields are marked *