第65話.家庭訪問で先生に気になることをうまく伝えるにはどうしたらいい? (その3)

 

 ご訪問ありがとうございます 

 

ゴールデンウィークの合間の平日に、

長女ちゃんと次女ちゃんの小学校の家庭訪問があります。

ママは、長女ちゃんのことで気になっていることがあって、

あんまり大げさにすることなく、そのことをうまく先生に伝えたいな、と思っています。

だけど、子ども同士のトラブルのことを、

あんまり大げさにしないで、それとなく先生に伝えるのって結構難しいですよね?

ママは、どんなことをどんな風に伝えたらよいかを

左手ちゃんと一緒に整理して、当日に備えました。

 

* このブログのお話は、家族が大好きな《わたし》の経験に基づき作成したフィクションです。 *

 

はじめての方は はじめに もあわせてお読みください♪

 

「家庭訪問で先生に気になることをうまく伝えるにはどうしたらいい?」の

 その1、 その2 

もあわせてお読みください♪

 

*****

 

家庭訪問当日。

15時に長女ちゃんの先生がいらっしゃる予定でした。

 

ママは家の前に立って、先生を待っていました。

雨だったので、長女ちゃんの先生は車でいらっしゃいました。

 

ママ

雨の中をどうもありがとうございます。

どうぞよろしくお願いします。

 

先生

こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

 

 

ママは先生を、玄関にお通ししました。

家庭訪問の案内の紙に、お茶菓子等のおもてなしは不要との連絡があったので、

ママと先生は玄関先で立って話しました。

 

 

先生

学校ではとても明るく過ごしていますよ。

この間も、素敵な絵を描いてみせてくれました

絵がとっても上手ですね。

習っていらっしゃるんですか?

 

ママ

いえ、特に習っていませんが、

絵を描くのは好きなようなので、

絵を描く機会があれば、参加するようにしています。

今度の休みにも、写生大会に行く予定にしているんですよ。

 

先生

それはいいですねぇ。

授業でも、積極的に手を挙げて発言してくれるし、

宿題はきちんとやってくれていますよ。

家での様子はいかがですか?

 

ママ

宿題は児童館で済ませてくることにしているみたいで、

家でやる宿題は音読ぐらいですね。

あとはゲームをしたり、テレビを見たりして過ごしています。

 

先生

学校では特に心配なことはありませんが、

何がご心配なことや気になることがありますか?

 

ママ

実は、ごくごくたまに「むしゃくしゃした」という理由で

暴力をふるわれることがあることが、気になっています。

 

先生

え、暴力ですか?

 

ママ

はい。

例えば、体育の時間に、二人組で徒競走の練習をした後に、

「むしゃくしゃする!」って、同級生の子から、おなかを殴られたそうなんです。

「痛いから、やめて!」って言いたかったけど、

「言葉遣いが悪い!」って先生からしかられるのが嫌だから、

その場では何も言えなかったみたいなんです。

 

先生

そうですか、そんなことがあったんですね。

それは知りませんでした。

 

ママ

娘から聞いただけなので、状況ははっきりとわからないし、

もしかしたら、娘も何らかの暴力を振るっているのかもしれないですけど、

年に何度かそんなようなことがあるようなので、

娘が殴ってもいいキャラになったりするのは、嫌だなと思っています。

 

先生

そりゃ、そうですよね。

4月からの学校生活を見ていて、

そういうキャラになっているという印象は全くないですね。

生徒同士がケンカすることはあるんですけども、

お嬢さんが暴力を振るわれたり、逆に暴力を振るっているところはみたことがないです。

クラスの同級生からは頼られる存在という感じですよ。

 

ママ

そうですか。それはよかった。

同級生からの評価を気にしているみたいなので、

そういうことがあっても、先生には言いにくいみたいなんですけど、

やり返さず、黙っていることは、ストレスがたまるみたいなんです。

なので、今まさにとても心配なことというわけではないですし、

しょっちゅう起きていることでもないですが、

ちょっと注意して見ていただけるとうれしいです。

 

先生

わかりました。

注意して見るようにします。

もし気になることがありましたら、ご遠慮なくおっしゃってください。

 

ママ

どうもありがとうございます

 

先生

他に何か気になることはありますか?

 

ママ

他は特にありません。

どうもありがとうございます。

 

先生

それでは、これで失礼します。

何かありましたら、いつでもご連絡ください。

どうもありがとうございました。

 

ママ

こちらこそ、雨の中どうもありがとうございました。

お気をつけて。

 

子ども同士のトラブルのことを、

あんまり大げさにしないで、先生に伝えるのって結構難しいですよね?

 

ママは、左手ちゃんと一緒に何をどんな風に話すかをまとめたことで、

イメージ通りに話すことができました。

大げさにすることなく、注意してみてもらえるようになったので、

ママはほっとしました。

 

ママがモヤモヤとしていることをモヤモヤしたまま先生にぶつけていたとしたら、

先生との話はこんな風にスムーズに進まなかったかもしれません。

 

もし、「先生に気になることをうまく伝えられるか」について

不安を感じていらっしゃったら、少し面倒でも、

心配なこと、モヤモヤしていることについて、

どうして欲しいのか、どうしたいのかを具体的にして、

先生にどんな風に伝えると、伝わりやすいかを、

書き出しておくといいですよ。

 

何をどう話せばいいかが明確になっていれば、

自然とイメージ通りに話をすることができますよ。

 

続きます♪

 

ブログランキングに参加しています♪ いつも応援ありがとうございます☆

 にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ 

 

5月のイベントのお知らせ

 

*おしゃべり会

● テーマ:「特になし」参加者のお悩みについて、とことん語り合います。
● 日 時:2018年5月16日(水)10:00~11:45 出入り自由です♪
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

*お悩み解消セミナー

● テーマ:「子どもの急な病気」への不安を解消しよう!
● 日 時:2018年5月26日(土)13:30~16:00 15分前から受付
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

この記事をSNSでシェアしていただけると、とってもうれしいです♪

コメントする

あなたのe-mailアドレスは発行されていません。 Required fields are marked *