第58話.結果にコミットするってどういうこと? (その2)

 

 ご訪問ありがとうございます 

 

3月にサイズが合わなくなったぶかぶかズボンを処分して、

 

背水の陣で、体型を維持することに挑んだはずのママ。

しかし処分したズボンのサイズまで太ってしまい、ママはとてもがっくりしました。

そこでママは久々に隊長に相談に行ったら、

「ちゃんと決めてないから、太るんだって!」と一刀両断されました。

「決める」、「結果にコミットする」って、

分かっていそうで、わかりにくい言葉ですよね?

 

* このブログのお話は、家族が大好きな《わたし》の経験に基づき作成したフィクションです。 *

 

はじめての方は はじめに もあわせてお読みください♪

 

「結果にコミットするってどういうこと?」その1もあわせてお読みください♪

 

*****

 

『隊長のおっしゃる、「決める」ってどういうことですか?

 もっとわかりやすく説明してください!』

とママから聞かれた隊長は、ママの顔をじっと見て言いました。

 

隊長

そうだな~。

太った原因は分かっているの?

 

ママ

それは、春休みに家族旅行で沖縄に行ったことが原因だと思います。

 

隊長

へぇ、沖縄に行ったんだ。

どうして沖縄に行くと太るの?

 

ママ

わたしは、家族旅行を毎年楽しみしていて、

旅行の時ぐらいなるべく機嫌良く過ごしたかったので、

それにはまず、体調管理が重要だと思って、

もりもり食べていました・・・。

 

隊長

へぇ、もりもりと。

 

ママ

そう、三泊四日の旅で、毎食ホテルのビュッフェでもりもりと。

2年前に沖縄に三泊四日で行ったとき、

体力が無くて、3日目でへとへとで体が動かなかったので、

「もりもり食べれば、4日目まで元気に過ごせるかな」

って思ったんですよ!

あとは、泳いだ後にお昼寝をしたり、

お風呂にゆっくりはいったり、

機嫌良く楽しむために、できることは何でもしました。

 

隊長
なるほど。それで、実際に楽しめたの?

 

ママ
それはもう、思いっきり楽しめました!

4回目の沖縄だったんですが、

自分でもびっくりするぐらい、今まで一番楽しめました。

 

隊長

ママ、それが「決める」ことだよ!

沖縄の家族旅行の時には、

ママは「楽しむ!」と決めていたんだよ。

家族旅行を楽しむためには何でもしたでしょ?

 

ママ

まぁ、そうですね。

家族旅行では、自分でも驚くぐらい気持ちの切り替えがうまくいって、

本当にあんまりイライラしなかったんですよ。

でも、「楽しむぞ!」って意識して決めたって感じではないですよ。

 

隊長

それは、家族旅行は、ママが人生で価値を置いていることだからよ。

人は誰でも、価値を置くことに関しては、天才だからね。

意識しなくたって、自然にできるんだよ。

 

ママ
え?じゃあ、もしかしてわたし家族旅行の天才なんですか?

 

隊長

それは、もう少し普段の生活を観察しないと分からないけど。

少なくとも、体型を保つことよりも、

家族旅行で楽しく過ごすことの方に価値をおいていることは確かだね。

 

ママ

そうですか。

隊長のおっしゃる「決める」は、

結果を出すために、最善を尽くす、感じですか?

 

隊長

そうね。もっと言うと、

結果を出すために、退路を断つことだね。

結果を出さない、という選択肢はない状態だったら、

結果は自ずと出るでしょ?

 

ママ

確かにそうですね。

なるほど、以前よりは「決める」の感覚が分かります。

結果を出すことしか頭にないから、

うまくいかないと思うことがあっても、

落ち込んだり、いいわけを考えるんじゃなくって、

「結果を出すためには何ができるだろうか」

という思考でいる感じですね。

 

隊長
そう。家族旅行の時にはそれができていたでしょ?

 

ママ

確かに、家族旅行の時はそれができていた感じが、あります。

でも、体型を維持することに関しては、

そんな感覚はありませんでした。

だから、できないのか・・・。

 

隊長

判断を誰かにゆだねたり、

逃げ道を作っているのは、

「決める」、「結果にコミットする」状態ではないよ。

自分の人生なんだから、

自分で人生の舵をしっかり握っていることが大事だよ。

 

ママ

なるほど~。

いつも、

自分で物事を決めたくないから、判断を誰かにゆだねたり、

逃げ道を作ったりしているので、

隊長の言葉は耳が痛いですね。

でも、人任せにすることは多いけど、

ちゃんと自分で舵を握っていることもあることが分かって、

そこはとてもよかったです。

 

ママは、ようやく隊長の言う「決める」の感覚が少しつかめました

 

決める、結果にコミットする状態は、

結果を出すことに意識を集中させている状態ですね。

退路なんて、当然ありません。

決めた、結果にコミットした、からといって、

物事が常に順調に進むというわけではなく、

壁にぶつかることだってあります。

落ち込んだり、イライラすることだってあるでしょう。

でも、決めた、結果にコミットしたならば、

そこで、途中で諦めるという選択肢はないんですね。

 

ママは、

「家族と一緒に過ごすこと」にはコミットしているな、と思いました。

うまくいかなくて、落ち込んだり、絶望したりすることも、

本当にいっぱいあって、投げ出したくなることもあるけれども、

それでも、途中で諦めるという選択肢はない、と思っているからです。

 

決められないことについて、結果を出せないからといって、

落ち込み必要はありません。

結果を出せないことは、それほど大事にしていることではないからです。

 

ママは、体型を維持することが、

今の自分にとって、そこまで大事かをもう一度考えました。

そして、今の自分にとっては、

体型を維持することはそこまで大事ではないことを確認しました。

そこで、体型を維持するために、無理なくできることを書き出して。

それをこつこつと実行に移すことにしました。

 

 

ママのメモ

 

決める、結果にコミットする=結果を出すために、退路を断つこと

 

 

続きます♪

 

ブログランキングに参加しています♪ いつも応援ありがとうございます☆

 にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ 

 

5月のイベントのお知らせ

 

*おしゃべり会

● テーマ:「特になし」参加者のお悩みについて、とことん語り合います。
● 日 時:2018年5月16日(水)10:00~11:45 出入り自由です♪
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

*お悩み解消セミナー

● テーマ:「子どもの急な病気」への不安を解消しよう!
● 日 時:2018年5月26日(土)13:30~16:00 15分前から受付
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

この記事をSNSでシェアしていただけると、とってもうれしいです♪

コメントする

あなたのe-mailアドレスは発行されていません。 Required fields are marked *