第55話.授業参観で一人ぽつんとしているママではダメ? (その3)

 

 ご訪問ありがとうございます 

 

明日はママの長女ちゃんと、次女ちゃんの小学校の授業参観です。

ママは大抵、授業参観で一人ぽつんとしているのが気になっていました。

学校の行事で、自分はぽつんと一人で見ているのに、

楽しそうにおしゃべりしているママたちがいると、

その人たちのことがキラキラして見える時ってありますよね?

ママはいつものように、左手ちゃんと一緒にもやもやした気持ちを整理していたら、

友だち付き合いで苦い経験を何度もしていることを思い出しました。

 

 

* このブログのお話は、家族が大好きな《わたし》の経験に基づき作成したフィクションです。 *

 

はじめての方は はじめに もあわせてお読みください♪

 

「授業参観で一人ぽつんとしているママではダメ?」の その1その2 もあわせてお読みください♪

 

*****

 

 

ママ

左手ちゃんに

「本当はきゃぴきゃぴ話をするのは怖いから、

 気になっているだけかもよ」

って言われて、思い出したことがあるよ。

 

左手ちゃん

どんなことを思い出したの?

 

ママ

中学生の時の思い出。

体育の時間に調子に乗って話していたら、

友達の田中さんから、

「絶対に誰にも言わないでね!」

って言われていたことを、他の子にぺらぺらしゃべってしまったことがあるの。

 

左手ちゃん

「絶対に誰にも言わないでね!」って言われることか。

ありがちな話だね。それでどうなったの?

 

ママ

そのことが田中さんにばれて、

田中さんの友達の吉田さんから、

「絶対に言うなっていったのに言ったでしょ!」

って、大勢の子の前で問い正されたんだよね。

すごく気まずかった。

それ以来、群れて話さなくなったような気がする。

 

左手ちゃん

ママは、「絶対に言っちゃダメ!」ということを言った自分が嫌なの?

 

ママ

うーん。

確かに、話さないと約束したことを話したので、

そこは自分が悪いと思ったし、田中さんにとても申し訳ないと思ったよ。

だけどその出来事も、田中さんにばれずにすんで

吉田さんから大勢の前で問い正されることがなかったら、

そんな風には思わなかったかも知れない。

だから、大勢の前で問い正されたことが嫌だったと思う。

 

左手ちゃん

ママ、頭で考えていないで、その瞬間に行ってごらん!

何が一番イヤだった?

 

ママ

う~ん。

相手を裏切った自分のことが嫌だった。

相手の悲しそうな眼を見て、直視できなかったもの。

 

左手ちゃん

そうなんだね。

ママは相手の子に対して申し訳ないと思っているの?

 

ママ

うん、思っている。

 

左手ちゃん

ママは申し訳ないと思っているかもしれないけれど、

物事には必ず、デメリットと同じだけ、メリットがあるものなんだよ。

そのことをママが吉田さんから問い正されている瞬間に行って確認するよ。

ママ、頭で考えないで、またその瞬間に行ってごらん!

田中さんは、ママが約束を破って、

「絶対言わないで!」と言っていたことを他の人に言われたことで、

どんなことができた?何をしなくてすんだの?

 

ママ

あ、田中さんは吉田さんから、援護してもらえて、

吉田さんとの友情の絆は深くなっているよ。

その出来事のすぐ後に、田中さんは吉田さんと同じ塾に入ったもの。

 

左手ちゃん

確かに、吉田さんは田中さんにかわって

ママのことを問い正した訳なんだから、

女の子の友情の絆は深まるよね。

同じ塾にまで入ったんだね。

 

ママ

そう、それで塾で同じクラスにもなっていたよ。

成績順にクラスが別れる塾だったけど、

実は吉田さんの方が成績よかったんだよね。

田中さんは吉田さんと同じクラスでいられるように、

勉強頑張ったんじゃないかなぁ。

 

左手ちゃん
じゃあ、田中さんは仲良しの吉田さんと一緒のクラスでいられるように、

勉強を頑張ることができたんだね。

それは、田中さんにとって大きなメリットだよね。

田中さんにとって他にどんなメリット、好都合なことがある?

 

ママ

絶対に言わないで欲しかったことがみんなに知れ渡ったけど、

そのことには触れられない空気ができた。

だれも、そのことについて触れていなかったもの。

田中さんはバレるかも知れないというストレスからは解放された。

あと、田中さんはその後わたしとは話さなくなった。

 

左手ちゃん

なるほど、確かに、誰かに知られるかも知れないと思っているのは

田中さんにとって結構ストレスになるもんね。

ばれたけれど、みんなから触れられないから、そっちの方がいいかもしれないね。

田中さんはママと話すのが嫌だったの?

 

ママ

う~ん、嫌だったこともあったと思う。

わたしは当時から親父ギャグをしょっちゅう言ったりしていたんだけど、

田中さんはわたしが親父ギャグを言うと固まっていたからね。

無理にあわせていた感はあった。

 

左手ちゃん

ママの親父ギャグは北極級だからね。

それは大きなメリットだね。

 

ママ

どういう意味よ!

 

左手ちゃん

いやいや、つい本音を!

そんな冗談はさておき、

田中さんは、ママが約束を破って、

「絶対言わないで!」と言ったことを他の人に言われたことで、

他にどんなことができた?何をしなくてすんだの?

 

ママ

うーん。

部活の副キャプテンになれた。

 

左手ちゃん

それはどういうこと?

 

ママ

わたし、田中さんと同じ部活で、副キャプテン候補だったんだよね。

だけど、そんなことがあって、気まずくなったから、

部活、やめちゃったんだ。

で、田中さんが副キャプテンになったの。

 

左手ちゃん

そうだったんだね。

じゃあね、

ママが約束を破って、

「絶対言わないで!」と言ったこと

田中さんにとってのメリット、好都合なことを確認したけれども、

ママが約束を破って、

絶対言わないで」と言われていたことを他の人に言ったことは、

田中さんにとって、デメリットと同じだけ、メリットがあったと言える?

 

ママ

うん。言える!

不思議!約束を破ったことで、

田中さんにとって悪いことをしたなぁと思っていたけど、

その罪悪感がどこかにいっちゃった!

確かに悪いことをしたけれど、

全く同じだけ、よいこともしていたんだね。

 

左手ちゃん

そうそう!

今度は、ママにとってのメリット、好都合なことを見ていくよ。

ママが約束を破って、

「絶対言わないで!」と言ったことのママのメリットは?

 

ママ
田中さんと無理につきあわずにすんだ。

 

左手ちゃん

ママは、田中さんと仲悪かったの?

 

ママ
そうでもなかったけど、特別仲良しでもなかった。

田中さんと吉田さんは、同じアイドルグループが好きだったけど、

わたしはアイドルグループには興味が無くって、ロックバンドが好きだったもの。

共通の話題はなかったなぁ。

で、同じロックバンドが好きだった子とよく話すようになった。

その子が好きだった他のバンドの曲も聴くようになったかな。

 

左手ちゃん

なるほど、じゃあ田中さんも、ママも、

趣味が合う友達とだけつきあえるようになったんだね。

 

ママ
確かにそうだね。

他のメリットは、部活をやめたから、勉強を真剣にやったよ。

部活をやめると内申点に響くんだよね。

部活をしない分、時間も沢山あったので、勉強を頑張ったなぁ。

で、第一希望の高校に合格できた。

 

左手ちゃん

おー!それはすごい!

第一希望の高校に入れたなんてすごいね!

 

ママ
確か、田中さんも第一希望の高校に合格できた。

 

左手ちゃん

そうか、ママも田中さんも勉強頑張ることができて、

第一希望の高校に通えたんだね!

それは、すごく大きなメリットだね。

じゃあね、

ママが約束を破って、

「絶対言わないで!」と言ったこと

ママにとってのメリット、好都合なことを確認したけれども、

ママが約束を破って、

「絶対言わないで」と言われていたことを他の人に言ったことは

ママにとって、デメリットと同じだけ、メリットがあったと言える?

 

ママ

うん。言える!

不思議!約束を破ったことで、

みんなの前で問いただされて、

「いいことなかった!」と思っていたけど、

その後悔の念がどこかにいっちゃった!

確かに悪いことばかりだと思っていたけれど、

全く同じだけ、わたしにとってもよいことも同じだけあったんだね。

 

 

ママは、左手ちゃんと話している内に、

中学生の時の苦い経験を思い出しました。

ママは、相手にとって悪いことをしていたと思っていたし、

自分のやったことで、自分も痛い目に遭っていたと思っていました。

ママの認識の中では、

ママがしたことには、相手にとっても、ママにとっても、

デメリット、不都合なことしかありませんでした。

 

 

いつだって、デメリット、不都合なことと全く同じだけ、

メリット、好都合なことがあって、完璧にバランスが取れているのに、

脳の構造上、片側だけをみてしまって、それに気づきにくいのですね。

 

 

ママは左手ちゃんに質問してもらいながら、

その瞬間に行って、実際に何が起きたのかを見たら、

相手にとっても、自分にとっても、

デメリット、不都合なことと同じだけ、

メリット、好都合なことも起きていたことに気づきました。

 

 

 

そのことに気づいたママは、

不思議なほどすんなりと、

相手に対する罪悪感も、

自分のしたことのへの後悔も消えてしまいました♪

 

続きます♪

 

ブログランキングに参加しています♪ いつも応援ありがとうございます☆

 にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ 

 

5月のイベントのお知らせ

 

*おしゃべり会

● テーマ:「特になし」参加者のお悩みについて、とことん語り合います。
● 日 時:2018年5月16日(水)10:00~11:45 出入り自由です♪
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

*お悩み解消セミナー

● テーマ:「子どもの急な病気」への不安を解消しよう!
● 日 時:2018年5月26日(土)13:30~16:00 15分前から受付
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

この記事をSNSでシェアしていただけると、とってもうれしいです♪

コメントする

あなたのe-mailアドレスは発行されていません。 Required fields are marked *