第42話.家族旅行2018 (1日目その2)

 

 ご訪問ありがとうございます 

 

ママの一家は毎年春休みに家族旅行に出かけます。

今年は、4度目となる沖縄3泊4日の旅にしました。

半年前から準備を始めて、いよいよ今日は旅行出発の日。

ママは、「いつかはやってみたいな」と思っていた

イルカのプログラムを申し込むことができて、ちょっと舞い上がっています。

旅先でお目当てのプログラムをすんなり予約できたら、やっぱりうれしいですよね?

 

 

 

* このブログのお話は、家族が大好きな《わたし》の経験に基づき作成したフィクションです。 *

 

はじめての方は はじめに もあわせてお読みください♪

 

家族旅行2018、旅の準備編1日目その1 もあわせてお読みください♪

 

*****

 

13時15分ぐらいに、レストランの席が空きました。

子どもたちはおなかがぺこぺこだったので、

勢いよくご飯を取りに行きました。

おいしそうなお料理が沢山あって、

ママもお皿いっぱい料理をとりました。

 

ママは、さっき予約してきた、イルカのプログラムのことを子どもたちに話しました。

ママは、子どもたちはイルカのプログラムに参加できることを喜んでくれるだろうと思っていました。

 

 

ママ

あのね、イルカと泳ぐプログラムを予約できたよ!

どう、すごいでしょ?

 

長女

え~!わたしイルカと泳ぐのに興味ない!

イルカと泳ぐなんて怖いよ!

プールで泳いでいた方がいいよ!

 

次女

そうだよ~。イルカと泳ぐの?

イルカと泳ぐなんて、気持ち悪いよ!

ヤダな~!

 

長男

やだ!やだ!

 

子どもたちの予想外の反応に、ママはびっくりしました。

 

ママ

え?あのかわいいイルカだよ!

なかなか予約できないプログラムなんだよ!

イルカと泳ぐチャンスなんか、滅多にないよ!

 

長女

だから~!わたしイルカと泳ぐのに興味ないの!

ママだけ泳げばいいんじゃない?

 

次女

そうそう、ママだけ泳げばいいんじゃない?

 

長男

イエイ!ママひとりぼっち!

 

ママ

そんな~、みんな喜ぶと思ったのにな~!

え~!みんな一緒に泳ごうよ!楽しいって!

 

何を言っても、子どもたちの反応は変わりませんでした。

子どもたちが喜ぶだろうと思っていたのに、

全然喜んでもらえないと、ガクッときますよね?

ママは、「せっかく申し込んだのに~!」とイラッとさえしました。

「せっかく旅行に来ているんだから!」と、ママはそのイライラを飲み込んで、

おいしいご飯を食べて、気を落ち着かせました。

 

*****

 

お昼ご飯のあと、お部屋の準備ができたので、

お部屋に案内してもらいました。

ママが心配していたベッドは、

2つのベッドに、エクストラベッドを2つ追加してもらい、

合計4つのベッドを準備してもらえました。

 

通常の2つのベッドには、長女ちゃんと、次女ちゃんが寝ることに。

 

エクストラベッドをくっつけて、ここにパパとママと長男くんが3人で寝ることにしました。

 

お部屋のバルコニーからは、青い青い海が見えます。

よく晴れていたので、海で泳いでいる人もいました。

 

*****

 

お部屋で一休みしたら、水着を持ってプールにでかけました。

 

ホテルには、屋内プールと、屋外のプールがあります。

屋内プールも、屋外プールも、親子連れで賑わっていました。

 

長男くんは、ママと屋内プールで遊ぶことにしました。

長女ちゃんと、次女ちゃんは、パパと一緒に、

屋内プールと、海と、屋外プールを巡ることにしました。

 

「海で泳ぐには、ちょっと寒いかも・・・」

とママは思いましたが、元気なガールズは、海に向かいます。

 

長男くんは、屋内プールの黄色の滑り台が気に入って、

ママと何度も滑りました。

ママは久しぶりに泳いだからか、

何度も足がつりました。

 

1時間ほどプールで遊んだ後、

シャワーを浴びて、洋服に着替えて、山田温泉に行きました。

まだ早い時間だったからか温泉はすいていて、

のびのびとつかることができました。

 

*****

 

お部屋に戻って一休みした後、晩ご飯に向かいました。

晩ご飯もセイルフィッシュカフェでバイキング。

レストラン開始前10分前に着いたら、

ぎりぎり開始時間から案内してもらえることになりました。

 

開始時間までの間に、ママは、マリンカウンターで船の予約をしました。

長男くんは、グラスボートが好きなので、クマノミ号を予約しました。

 

晩ご飯のメニューは、お昼ご飯のメニューとは違っていました。

パパとママは、このレストランのイエローカレーが大好きで、おかわりして食べました。

 

遊び疲れた長男くんは食べながら寝てしまいました。

 

*****

 

 

お部屋に戻った後、寝る準備をしました。

長女ちゃんと、次女ちゃんは、

プールで泳いで疲れたからか、すぐに眠ってしまいました。

 

ママはイルカのプログラムについての子どもたちの反応が気になったので、

パパに相談しました。

 

 

ママ

ねぇ、パパ~。

子どもたちがイルカのプログラム興味ないって言うんだよね。

「一緒に泳ぐことができるから、楽しいよ!」

って、いくら言っても、

「イルカと泳ぐなんて気持ち悪い~!」

て言われるんだもの

やめといた方がいいのかしら?

 

パパ

へぇ、そうなんだ。

だけど、今はそんな風にいっているけれど、

やってみたら「楽しい!」ってなるよ、きっと。

なんだかんだいって、いつも楽しんでいるじゃない。

 

 

ママ

そうなんだけど。みんながみんなイヤって言うからなぁ。

イヤイヤやっても楽しくないと思うのよね!

 

パパ

ママほどテンションが高くないかも知れないけど、

子どもたちは子どもたちなりに楽しめると思うよ。

 

ママ

わたしほどテンションが高くないのか。

まぁ!確かにそうね。

みんなにわたしと同じように喜べ!っていうのは、

無理だわよね。

 

パパ

そうそう、だからそんなに気にしなくてもいいんじゃない。

 

 

 

ママはパパと話すことで、

自分が浮かれすぎていることにようやく気づきました。

 

ママは冷静さを取り戻して、

「子どもたちが不安になるのはもっともだな」

と思いました。

 

 

*****

 

ママは、受付でもらった誓約書のことを思い出しました。

取り出して見てみると、

「事故が起きても、主催者には文句を言いません。自分で責任をとります。」

という内容にサインを求めるものでした。

ママは、その文面を見て、また不安になりました。

ママはパパに誓約書を見せて相談しました。

 

 

ママ

ねぇ、パパ~。

イルカのプログラムに参加するためには、

誓約書を書かなくてはダメなんだけどね、

その内容が結構厳しいよ。

事故が起きても、責任とりませんよ!

って内容なんだよ。

 

パパ

どれどれ・・・。本当だ。

でもまぁ、動物相手のプログラムだから仕方が無いんじゃない?

動物なんだから、急に暴れたりするかもしれないよね。

 

 

ママ

ええ~、暴れるの?

それはちょっと怖いなぁ!

 

パパ

いや~、普通は暴れることはないんだろうけど、

可能性としては、全くないわけじゃないよね。

動物の方が暴れなくても、

参加者の方が普段とは違った反応するかもしれないしね。

「事故にあう可能性もあるけど、それでも参加しますか?」

って確認しているんだよ。

それは動物が参加するプログラムでは普通なんだと思うよ。

 

ママ

パパは冷静だなぁ。

わたしはねぇ、どよ~んとした気持ちになっちゃったよ。

「大丈夫かしら!」と心配だし。

 

パパ

ママは、浮かれすぎだから、それぐらいでちょうどいいんじゃない?

ママなんか浮かれすぎたままだと、イルカに抱きついちゃったりするかもよ。

そんな奇行は事故につながるかもしれないからね。

何事にも、リスクはあるってことは知っておくのが大事だよ。

安全に参加するためにも、それを覚悟した上で参加するのがいいんだよ。きっと。

 

ママ

ええ~、そういうものなのかしら・・・。

確かに浮かれて舞い上がった感じは、中和される気がする。

 

パパ

そうそう。その感じ。

 

ママは、パパに相談することで、

浮かれた気持ちと、不安な気持ちが軽くなりました。

 

 

先でお目当てのプログラムをすんなり予約できたら、

やっぱりうれしいですよね?

でもそんなときには、

予約できたことのメリット、好都合なことしか見えていないかもしれません。

 

 

「こころがウキウキして、うれしんだから、

 メリット、好都合なことばかりを見ている方がいいじゃないか」

と思うかも知れませんね。

 

でも実際には、認識できていないだけで、デメリット、不都合なことは

メリット、好都合なことと同じだけちゃんとあります。

メリット、好都合なことしか見えていない状態は、

デメリット、不都合なことを見ないようにしている状態、

つまり、デメリット、不都合なことがあることを恐れている状態とも言えますね。

 

そういうときには、

メリット、好都合なことと、デメリット、不都合なこととは同じだけあるのに、

デメリット、不都合なことに過剰に反応してしまいます。

例えば、今回のママの子どもたちに対して感じたイライラも、

誓約書に感じた不安も、デメリット、不都合なことに過剰に反応した結果です。

 

メリット、好都合なことばかり見る度合いが大きければ大きいほど、

デメリット、不都合なことに過剰に反応することになるとしたらどうでしょう?

楽しみにしていた家族旅行で、

ものすごくイライラしたり、ものすごく不安になったりするなんてイヤですよね?

 

だから、家族旅行のような場面でこそ、

メリット、好都合なことしか見えていないなと気づいたときには、

意識的に、デメリット、不都合なことが、

メリット、好都合なことと同じだけあることを見つけるといいのです!

そうすれば、過剰に反応して、イライラしたり、不安になったりせずにすみ、

家族旅行を楽しめるのですね。

 

 

続きます♪

 

ルネッサンスリゾートオキナワへの旅は、

ANA楽パックで予約がおすすめです!

 

ブログランキングに参加しています♪ いつも応援ありがとうございます☆

 にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ 

 

5月のイベントのお知らせ

 

*おしゃべり会

● テーマ:「特になし」参加者のお悩みについて、とことん語り合います。
● 日 時:2018年5月16日(水)10:00~11:45 出入り自由です♪
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

*お悩み解消セミナー

● テーマ:「子どもの急な病気」への不安を解消しよう!
● 日 時:2018年5月26日(土)13:30~16:00 15分前から受付
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

この記事をSNSでシェアしていただけると、とってもうれしいです♪

コメントする

あなたのe-mailアドレスは発行されていません。 Required fields are marked *