第38話.歯並びが悪くてはダメ?(その4)

 

 ご訪問ありがとうございます 

 

ママは、長女の歯並びが悪いのが気になっています。

ママは知り合いの歯科衛生士さんと歯医者さんに相談して、

「歯の矯正をしなくてはならない!」

という気持ちが、随分軽くなりました。

だけどまだ少しモヤモヤした気持ちが残っています。

ママはこのモヤモヤとした気持ちを解消しようと試る中で、

自分が歯の矯正をしていたことで、

お母さんに対して申し訳ないと思っていることに気づきました。

 

 

* このブログのお話は、家族が大好きな《わたし》の経験に基づき作成したフィクションです。 *

 

はじめての方は はじめに もあわせてお読みください♪

 

「歯並びが悪くてはダメ?」の

その1その2その3

もあわせてお読みください♪

 

*****

自分が歯の矯正をしていたことで、

お母さんに対して感じる申し訳なさは、結構深く、

なかなか外せませんでした。

 

 

左手ちゃん

ママは、歯の矯正に過剰な期待をしているんじゃないの?

 

ママ

過剰な期待?

 

左手ちゃん

そう、過剰な期待。

ママは

「歯の矯正がうまくいって、

 虫歯にもならなかったら、

 よかったのに!!」

って思っているんでしょ?

 

ママ

うん、思っている。

 

左手ちゃん

歯の矯正が思ったほどうまくいかなくって、

虫歯にもなったことにも、

メリット、好都合なことはあるんだよ。

ママの歯の矯正が思ったほどうまくいかなくって、

虫歯にもなったからこそ、

ママのお母さんができたこと、

しなくてもよかったことってなんだろう?

 

ママ

歯の矯正が思ったほどうまくいかなくって、

虫歯にもなったからこそ、

お母さんができたこと、しなくてもよかったことか・・・。

そうだなぁ、歯について、わたしから文句を言われずにすんだ。

 

左手ちゃん

なるほど、ママのお母さんは、

「ママの歯並びが悪いのは、

 自分のせいでもある」

って思っていたんだもんね。

そのことで、ママから文句を言われずにすむんだね。

 

ママ

そう。お母さんにはいろいろ文句を言っていたけど、

歯並びについては言ったことないなぁ。

 

左手ちゃん

いろいろ文句を言っていたんだね。

だけど、歯並びについては、言わなかった。

それはお母さん、ストレスの種が増えずにすんだね。

他に、ママの歯の矯正が思ったほどうまくいかなくって、

虫歯にもなったからこそ、

ママのお母さんができたこと、

しなくてもよかったことってなんだろう?

 

ママ

う~ん、両親も虫歯が結構あるんだけど、

そのことについても、わたしが文句を言わない。

 

左手ちゃん

なるほど。

ママは、自分も虫歯があるから、ご両親に対して、

「ちゃんと歯を磨きなさいよ!」

なんてことは言ったりしないんだね。

それは、ママのお母さんのストレスの種が増えずにすむね。

ママの一家は歯磨きする習慣がないの?

 

ママ

そんなことはないんだけど・・・。

歯の磨き方が悪いのと、

間食が多いから、虫歯になりやすいんだと思う。

 

左手ちゃん

なるほど。

ママの一家は、間食が多いの?

 

ママ

わりと、好き放題食べてたかな。

 

左手ちゃん

じゃあ、ママが虫歯になったのも、

好き放題食べていたことが関係しているんじゃないの?

 

ママ

それはそうだね。

矯正する前も、割と虫歯はあったから。

矯正が終わった後も、虫歯が割とあるし・・・。

 

左手ちゃん

間食の習慣が原因の虫歯になりやすさって、

歯の矯正をしたからって治らないからね。

 

ママ

だから、歯の矯正をしたんだから、

歯をもっと大切にすべきだったんだよね。

 

左手ちゃん

ママ、それは、ベキくん。

幻想だよ!

 

ママ

あ、ほんとうだ!

 

左手ちゃん

歯の矯正をしたからといって、

歯を大切にできるわけじゃないんだよ。

虫歯にならないように気をつけることよりも大事なことがあれば、

当然、大事なことを優先して、

虫歯にならないように気をつけることは、

後回しになっちゃうからね。

それはね、ママが今心配している長女ちゃんに対しても言えることだね。

 

ママ

左手ちゃん、痛いこと言うなぁ・・・。

 

左手ちゃん

痛かった?ごめん、ごめん。

歯を大事にするの1つとってもね、

習慣を変えるのって、結構大変なのよ。

歯を大事にすることよりも大事なことが

いっぱいあると思っているんだから。

 

ママ

歯を大事にするなんて、

保育園の時に習う、基本的なことなんだけどなぁ。

 

左手ちゃん

確かにそうだね。

でも、みんながみんな、その基本的なことができているわけじゃないよ。

できてたら、まちの歯医者さんは今のように沢山いらないでしょ?

 

ママ

確かにそうだね。

わたしだけが歯を大事にできていないわけではないんだよね。

両親も虫歯多いし。

 

左手ちゃん

そうだよ。

ママなりに大事にしているからこそ

虫歯の程度が、今ぐらいで済んでいるかもしれないじゃないの。

 

ママ

その考え方斬新!

確かに、そうかもしれない。

もっとひどかったかも。

 

左手ちゃん

そうだよね。

だったら、矯正していたからこそ、

ママの歯を守れているじゃない。

 

ママ

確かに、その通りだね・・・。

すごいね、歯の矯正!

今までそんな風に考えたことなかったよ!

 

左手ちゃん

じゃあね、ここで一度整理するよ。

ママが歯の矯正をしたからこそ、

ママの歯並びを矯正する前よりもよくすることができた。

それに、ママのお母さんは、ママの歯をひどい虫歯から守れている。

子どもの歯がぼろぼろになっていたら、親としては悲しいもんね。

ママのお母さんは、そんな思いをしなくてもすんだね。

 

ママ
確かにそうだったね。

 

左手ちゃん

それにママのお母さんは、

ママが歯の矯正をしたからこそ、

「あのときやってあげればよかった・・・」

って思わなくてもすんだ。

歯に関して、ママから文句を言われることもない。

 

ママ
うん、そうだったね。

 

左手ちゃん

ママが虫歯になったからこそ、

ママのお母さんは、自分の虫歯について、

ママから文句を言われずにすんだ。

 

 

ママ
確かにそうだった。

 

左手ちゃん

ママの歯の矯正が思ったほどうまくいかなくって、

虫歯にもなったことは、

ママのお母さんにとって、

デメリット、不都合なことと同じだけ、

メリット、好都合なことがあると言える?

 

ママ
うん、言える。ああ、なんだかすっきりしたよ。

お母さんに対していて感じていた申し訳なさが、

どこかに行っちゃった感じ!

 

左手ちゃん

それはよかった!

じゃあ今度は、

ママの歯の矯正が思ったほどうまくいかなくって、

虫歯にもなったことの

ママのメリット、好都合なことを確認するよ。

 

ママ
え?わたしの?

 

左手ちゃん

そう、ママの。

 

 

ママは最初、

ママの歯の矯正が思ったほどうまくいかなくって、

虫歯にもなったので、

ママのお母さんに対して、申し訳ないと思っていました。

ママのお母さんに、十分なメリットを与えられなかったと思っていたんですね。

 

 

 

ママのお母さんにとってのメリット、好都合なことを

ママのお母さんにとってのデメリット、不都合なことと同じだけ挙げることで、

ママのお母さんに対する申し訳なさは解消されました。

 

 

 

誰にかに対して、デメリット、不都合なことしか与えていないと思っていると、

その人に対して、申し訳ないという気持ちが生まれるんですね。

だけど、実際には、デメリット、不都合なことと同じだけ、

メリット、好都合なことも与えているんです。

そのことが認識できると、申し訳なさがどこかに行ってしまうのです♪

 

続きます♪

 

ブログランキングに参加しています♪ いつも応援ありがとうございます☆

 にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ 

 

5月のイベントのお知らせ

 

*おしゃべり会

● テーマ:「特になし」参加者のお悩みについて、とことん語り合います。
● 日 時:2018年5月16日(水)10:00~11:45 出入り自由です♪
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

*お悩み解消セミナー

● テーマ:「子どもの急な病気」への不安を解消しよう!
● 日 時:2018年5月26日(土)13:30~16:00 15分前から受付
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

この記事をSNSでシェアしていただけると、とってもうれしいです♪

コメントする

あなたのe-mailアドレスは発行されていません。 Required fields are marked *