第37話.歯並びが悪くてはダメ?(その3)

 

 ご訪問ありがとうございます 

 

ママは、長女の歯並びが悪いのが気になっています。

ママは知り合いの歯科衛生士さんと歯医者さんに相談して、

「歯の矯正をしなくてはならない!」

という気持ちが、随分軽くなりました。

だけどまだ少しモヤモヤした気持ちが残っています。

ママはこのモヤモヤとした気持ちを解消しようと試みます。

 

 

* このブログのお話は、家族が大好きな《わたし》の経験に基づき作成したフィクションです。 *

 

はじめての方は はじめに もあわせてお読みください♪

 

「歯並びが悪くてはダメ?」の

その1その2

もあわせてお読みください♪

 

*****

 

ママ

ああ~、なんかまだちょっとモヤモヤするんだよな~。

まだ、歯の矯正した方がいいか迷っているのかな~。

ねぇ、左手ちゃんどう思う?

 

 

ママはいつものように、左手ちゃんに向かって話し始めました。

 

 

左手ちゃん

「どう思う?」って聞かれても、

ママの気持ちはママにしか分からないよ。

ママは、何かまだモヤモヤしているんだね。

一体何が引っかかっていると思う?

 

ママ

そうだな~。何かな~。

「歯の矯正」って聞くと、あまりいい感じがしないんだよね。

 

左手ちゃん

それはどうしてなの?

 

ママ

小さい頃に矯正をしていて、

歯並びは随分よくなったけど、

虫歯になったし、歯並びは少し戻ったんだよね。

お金をかけたわりには、

歯がきれいにならなかったし、大事にできなかった。

 

左手ちゃん

ママは、申し訳ないと思っているの?

 

ママ

うん、申し訳ないと思っている。

 

左手ちゃん

誰に対して申し訳ないと思っているの?

 

ママ

お金をかけてくれた両親。

なんだかんだで、200万円以上かかったから・・・。

 

左手ちゃん

200万円?!

それは大金だね。矯正ってお金がかかるんだね~。

それでママは、200万円以上もの大金を支払ってくれたご両親に対して、

申し訳ないって思っているんだね。

ママは、お父さんとお母さんのどちらに対して

特に申し訳ないと思っているの?

 

ママ

う~ん、お母さんかな。

そんなに裕福でなかったのに、

矯正してたから、家計のやりくりが大変そうだった。

お母さんは、自分の服にはお金をかけずに、

よれよれの服を着てたもんなぁ。

 

左手ちゃん

そうか。

ママは、もしママが矯正しなかったら、

ママのお母さんは、服にお金をかけることができたと思っているの?

 

ママ

うん、思っている。

わたしが矯正していたせいで、

服に限らず、お母さんが買いたかった物を買えなかったと思っている。

 

 

ママは、

「歯の矯正にお金を使ったこと」で

「お母さんが買いたかった物を買うことができず」、

お母さんに対して申し訳ないと思っているようでした。

 

 

左手ちゃん

ママ、お金はね、その人が大事だと思うもの順に使われていくんだよ。

 

ママ

え、どういうこと?

 

左手ちゃん

お金の使い道は、その人が大事にしているものを表しているんだよ。

お母さんが、ママの歯の矯正のためにお金を使って、

お母さんの服にはお金を使っていなかったとするならね、

お母さんにとっては、

素敵な服を買うことよりも、ママの歯の矯正の方が大切だったってことだよ。

ママは、

「お母さんがよれよれの服ばかり着てかわいそう」

と思ったかも知れないけれど、

ママのお母さんは、自分が着る服にそんなに興味や関心がないんじゃない?

 

ママ

確かに、自分が着飾ったり、おしゃれしたりすることに、

そんなに興味があるような感じではなかった。

 

左手ちゃん

そうでしょ?

だから、お母さんがよれよれの服ばかり着ていたとしても、

別にかわいそうでもなんでもないんだよ。

 

ママ

そうか、それはわたしがかわいそうだと思っていただけなのね。

 

左手ちゃん

そういうこと。

お母さんは、歯の矯正にかかるお金をイヤイヤ払っていたの?

 

ママ

イヤイヤではなかった。

むしろ、申し訳ないという感じだった。

お母さんは、わたしの歯並びが悪いのは、

お母さんにも責任があると思っているみたいだった。

 

左手ちゃん

そうか。

ママは、そんなお母さんのことをどう思ったの?

 

ママ

「そんなに責任を感じなくてもいいのにな」

って思った。

歯並びが遺伝も関係しているのだとしたら、

もうどうしようもないじゃない。

 

左手ちゃん

まぁ、そうだね。

でも、ママは今、そのときのお母さんと同じように、

長女ちゃんに対して申し訳ないと思っているんじゃないの?

 

ママ

その通りだね・・・。

歯並びが遺伝も関係しているのだとしたら、

もうどうしようもないけれども・・・。

やれることはやってあげたいんだよね・・・。

 

左手ちゃん

かわいい娘さんだもの、やれることはやってあげたいんだよね。

その気持ちはよ~く分かるよ。

きっとママのお母さんも同じ気持ちだったんだよ。

ママのことがかわいくて大事だったから、

やれることはやってあげたかったんだよ。

 

ママ

そうなんだけど、そういう気持ちがかえって重たいんだよね。

歯の矯正をやる前よりはよくなったけど、

矯正後に歯並びが戻ったから、

お金をかけたほどには、歯並びがよくならなっかんだよね。

それに、歯を磨かなかったから、虫歯にもなって、

歯を大事にできなかったんだよね。

お母さんの、その気持ちを、無にしてしまった感じがする。

 

左手ちゃん

大丈夫!お母さんの気持ちは、無にはなっていないよ。

一つ一つ整理していくよ。

ママの歯並びは、矯正することで、

矯正する前よりはよくなったんでしょ?

 

ママ
うん、よくなった。

 

左手ちゃん

だったら、矯正にお金をかけたことで、

ママの歯並びをちゃんとよくできたじゃない。

もしも歯並びが悪いままだったら、

虫歯になりやすいって言うじゃない。

歯の矯正をしなくても、虫歯になったかもしれないよ。

つまり、虫歯に関しては、

歯の矯正をしたかどうかは、関係ないんじゃないの?

 

ママ

それはそうかもしれない・・・。

 

左手ちゃん

ママのお母さんが200万円以上ものお金をかけて、

手に入れたかったものは何だったと思う?

それは、ママのきれいな歯並びだけなのかな?

 

ママ

う~ん。

「やれることはやってあげた」

という達成感を得ることかな。

 

左手ちゃん

確かに、

「あのときやってあげればよかった・・・」

って思わなくてもすむね。

ママはそのことで同じように悩んでいるもんね。

ママのお母さんはその気持ちを味わうことがなかったんだよ。

それはママのお母さんにとっては好都合なことだよね。

ママのお母さんにとって、それはどれだけの価値があるんだろう?

200万円以上かける価値があると思う?

 

ママ

う~ん、200万円か~。

大金だもんなぁ・・・

そこまでの価値はないかも・・・。

 

ママのモヤモヤは結構深く、まだ晴れませんでした。

 

続きます♪

 

ブログランキングに参加しています♪ いつも応援ありがとうございます☆

 にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ 

 

5月のイベントのお知らせ

 

*おしゃべり会

● テーマ:「特になし」参加者のお悩みについて、とことん語り合います。
● 日 時:2018年5月16日(水)10:00~11:45 出入り自由です♪
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

*お悩み解消セミナー

● テーマ:「子どもの急な病気」への不安を解消しよう!
● 日 時:2018年5月26日(土)13:30~16:00 15分前から受付
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

この記事をSNSでシェアしていただけると、とってもうれしいです♪

コメントする

あなたのe-mailアドレスは発行されていません。 Required fields are marked *