第33話.映画館では騒いではダメ?(その3)

 

 ご訪問ありがとうございます 

 

ママの家族は、毎年4月1日に映画ドラえもんを観に行きます。

ママは映画を見るのは楽しみだけど、

3歳の長男くんが、映画の間じっとしていられるかを心配していました。

他人の子どもは騒いでもいいけど、自分の子どもはダメだと思っているようでした。

他人の子は多めに見ることでも、

自分の子どもには厳しくしてしまうことってありますよね?

 

 

* このブログのお話は、家族が大好きな《わたし》の経験に基づき作成したフィクションです。 *

 

はじめての方は はじめに もあわせてお読みください♪

 

「映画館では騒いではダメ?」の

その1その2

もあわせてお読みください♪

 

*****

 

左手ちゃん

上映中に、みんなが好き勝手にしたら、映画館はなりたたないよね?

だから一定のルールをつくっているんだと思うよ。

だけど、「咳もしちゃダメ」、「笑ってもダメ」ではないでしょ?

 

ママ

確かにそうね。

 

左手ちゃん

例えばね、ママが映画館で働いていて、

「となりの子どもがうるさくて楽しめなかった!

 なんとかしろよ!」

って苦情が来たとしたら、

ママは、その子どもは他人の子だけど、

騒いだこのことを批判するんじゃない?

 

ママ

ドキッ!

左手ちゃん、鋭いね!

確かに、自分が批判されているような感じがすれば、

批判するかも・・・。

 

左手ちゃん

そうでしょ?

だから、ママにとっては、

「映画館で騒いじゃダメ」なんんじゃなくて、

ママが批判されるようなことをしちゃダメ!って思っているんだよね。

 

ママ

確かに、その通りでございます・・・。

さっきも言ったけど、「批判」と聞いただけで、

もうイヤ~な感じがするんだよね。

なんでだろう~。

なんでだろう~。

なんでなんだろう~。

 

左手ちゃん

でた!ママの「なんでだろう~」

批判されるのはイヤだという、その気持ちはよ~く分かるよ。

じゃあね、ママが恐れている、最悪の事態ってなあに?

映画館で上映中に長男くんが騒いだら、

最悪どうなっちゃうの?

 

ママ

最悪の事態か・・・。

そうねぇ・・・。

周りの人から、「うるさい!」って怒鳴られて、

家族ともども映画館をつまみ出される。

「長男のせいで、最後まで観られなかったぞ!」っとか

「あれほど騒ぐなっていったのに!」っとか

家族はみんな、口々に不平不満を言う。

みんな1日中不機嫌で、ご機嫌をとらなくてはならない。

 

左手ちゃん

それだけ?

 

ママ

「それだけ?」って何よ!

わたしにとっては地獄絵図よ!

あ~、もう想像するのもイヤ!

 

左手ちゃん

ママ、落ち着いて!よ~く考えてみてね!

周りの人から怒鳴られたっていいじゃない。

どうせ、その人たちと、もう会うことないよ。

会ったとしても、挨拶もしない人たちだよ。

それに、周りの人から怒鳴られたら、

子どもたちだって、次からはもっと静かにするようになるんじゃない?

そうしたら、これからはママが怒らなくてもすむよ?

 

ママ

それはそうなんだけど・・・。

 

左手ちゃん

映画、途中までしか観られなくってもいいじゃない。

どうしても続きが観たいのならば、

お金がかかるけど、もう1回観たらいいんだよ。

そのときは、静かに観られる子だけで観てもいいんじゃない?

長女ちゃんや次女ちゃんは騒がないんでしょ?

そこまでして続きを観なくてもいいんだったら、

家で視聴できるようになったときに観てもいいしね。

 

ママ

それはそうなんだけど・・・。

 

左手ちゃん

みんなが1日不機嫌になったっていいじゃない。

次の日にはケロってするんでしょ?

ママもね、別に機嫌が悪くなった人の機嫌をとる必要はないよ。

機嫌が悪いのは、別にママが悪いわけじゃないからね。

機嫌が悪いのは、機嫌が悪い人、本人の問題だからね。

放っておけばいいの。

で、ママは、機嫌よく、好きなことすればいいの。

 

ママ

好きなことするか・・・。

それもそうだね。そんなに心配することでもなかったか~。

不思議!「最悪の事態になっても別にいいか!」って

意識がカチッと切り替わったよ!

 

左手ちゃん

それはよかった!

心配で心配で仕方が無いときは、

心配なことをどんどん、どんどん作り出しちゃうものなの。

だから心配の無限ループにはまっちゃう。

 

ママ

確かにそうね。

 

左手ちゃん

だから、一旦、これでもか!っていう、

最悪の事態を想定するの。

最悪の事態が大丈夫になれば、あとは「どんとこい!」になるでしょ!

 

ママ

うんそうだね!ありがとう!

 

 

「最悪の事態」を想定することで、

ママの心配は一気になくなりました。

 

何を最も恐れているかがうやむやになっていると、

心配の無限ループから抜け出せません。

何を最も恐れているかが明確にしてみると、

「そんなに心配することでもない」

ということが見えてきて、

心配がピタッてやみますよ~。

 

続きます♪

 

ブログランキングに参加しています♪ いつも応援ありがとうございます☆

 にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ 

 

5月のイベントのお知らせ

 

*おしゃべり会

● テーマ:「特になし」参加者のお悩みについて、とことん語り合います。
● 日 時:2018年5月16日(水)10:00~11:45 出入り自由です♪
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

*お悩み解消セミナー

● テーマ:「子どもの急な病気」への不安を解消しよう!
● 日 時:2018年5月26日(土)13:30~16:00 15分前から受付
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

この記事をSNSでシェアしていただけると、とってもうれしいです♪

コメントする

あなたのe-mailアドレスは発行されていません。 Required fields are marked *