第8話.ゲームのやりすぎはダメ?(その1)

 ご訪問ありがとうございます 

 

ママの家では

「ゲームは、1日1時間まで。夜8時以降はゲームをやらない」

と決めています。

しかしこの取り決めが守らないことが増えてきました。

できれば自主的に、取り決めを守ってもらいたいママでしたが・・・。

子どもには、取り決めを守ってにゲームを楽しんでもらいたいけれども、

取り決めを守らずに、イラッてすることありますよね?

 

 

* このブログのお話は、家族が大好きな《わたし》の経験に基づき作成したフィクションです。 *

 

ゲームのやりすぎはダメ?」の その2その3その4 もあわせてお読みください♪

 

*****

 

ある日のこと、

ママの子どもたちは夜8時を過ぎてもゲームに夢中になっています。

ママは家事やら、何やらでバタバタし、

8時を過ぎたことに気づきませんでした。

子どもたちが8時を過ぎてもまだゲームをやっていることに気づいたママは、

あわてて、

「もう8時すぎているよ!ゲームをやめて、お風呂にはいって、寝ましょう!」

と子どもたちに声をかけました。

しかし、子どもたちがゲームをやめる気配はありません。

 

 

ママ
コラッ-!早くゲームやめましょう!

 

長女

あー!もう、今バトルしているんだから、

やめられるわけないでしょ?!

 

ママ

そんなの知らないよ!

さっきから「やめて」って言っているんだから!

 

長女

ちょっとだけ待ってよ!今いいところなの!

 

ママ

ダメ!

今すぐやめなさい!

早くやめなさい!

とにかくやめなさい!

やめなさいったら、やめなさい!

 

長女

あー、もう、うるさい!

だまれ!くそばばあー!

 

ママ

誰がくそばばあーじゃ!

もういっぺんにてみぃ!

 

長女

ばばあー!ばばあー!ばばあー!

くそばばあー!

 

ママ

上等だ!上等だ!上等だ!

もうゲーム没収!取り上げ!充電器もぶっ壊す!

 

長女
すぐそうやって脅す!ずるいぞ!

 

ママ
くそばばあだから仕方がないでしょ!

 

 

売り言葉に買い言葉で、

ママと長女は激しく言い争いました。

ママは頭に血が上っています。

 

 

長女

あー、もうこんなくそばばあの子に産まれなきゃよかった!

ベーだ!大嫌い!

 

 

そう言って、長女はゲームをやめて、お風呂に入る支度を始めました。

ママは「大嫌い!」の言葉を聞いて、はたと我に返りました。

 

 

ママ

・・・。「くそばばあ」だけど、長女のこと大好きよ。

 

 

ママはものすごくイヤな気分になりました。

ママは隊長の言葉を思い出して、自分の感情をしっかりと感じてみました。

 

ゲームに夢中になって子どもに、言うことをきかせようと思って、

つい感情的に怒ることありますよね?

そして、感情的に怒った後は、怒りすぎたことに凹んでしまう(苦笑)。

そのとき、何がイヤで感情的に怒ったかは、

同じような状況が原因であっても、十人十色なんですよ。

 

ママのメモ

 

「~せねば」のネバちゃん や 「~すべき」のベキくん

子どもにに向けると、くそばばあになるらしい・・・。

 

 

 

と、いうことは、くそばばあになったら、ネバちゃんベキくんを外せばいいってこと?

 

 

続きます♪

 

この記事をSNSでシェアしていただけると、とってもうれしいです♪

コメントする

あなたのe-mailアドレスは発行されていません。 Required fields are marked *