第117話.文句をきかなきゃダメ?

 

 

家族大好き♥ママのブログにようこそ!

家庭コミュニケーションのスペシャリスト 媛乃 陽奈です。

このブログでは、家族大好きなママがダメだししがちなテーマを題材に、

わたしの経験に基づくフィクションを交えながら、

×をつけていたものに花丸をつけることで、

家庭のコミュニケーションを充実させる視点をお届けします。

 

今回のテーマは、「文句をきかなきゃダメ?」。

家族から文句を言われたときに、

ストレスがたまるときってありますよね?

 

はじめての方は はじめに もあわせてお読みください♪

 

*****

 

ママは、子育てについてのストレスがたまってきたので、

久しぶりに隊長のところに行くことにしました。

隊長はママが信頼する人です。

 

 

 


ママ

隊長、お久しぶりです。

最近、子育てにストレスがたまっている気がしたので、

隊長に整理してもらおうと思ってきました。

 

隊長
なるほど。それで、なんのストレス?

 


ママ
ずばり、子育てのあらゆることが嫌になったというか、

例えば、料理がうまくできなくて、

子どもから

「まずい!よくこんなの作るね!」

と言われたときに、

子どものために、

料理教室に通って、子ども好みの

おいしいご飯を作りたいとか、

そういう気持ちがわかないんです。

 

隊長

料理嫌いなの?

 

 


ママ

料理はすきですよ。

料理うまいと思ってます。

適当だけど。

 

 

隊長
でも、子どもたちは「マズイ!」っていうんだよね?。

 


ママ

「おいしい」というときだってあります。

そのときは、みりんがなかったので、お酒を入れたからかも知れません。

わたしはおいしいと思ったんですけど。

 

隊長
レシピ通りに、作れば大抵おいしくできるんだけどね。

自己流でアレンジするから味が悪くなるんだよ。

とりあえず、調味料そろえたら?

それか、子どもが好きなものを作るか。

 


ママ

「そうすればいいんだろうな」、

ってことは頭では分かるんです。

でも、こころはそう思っていない。

「なんで、わたしがそこまでやんなきゃいけないんだ!」

と思っているです。

 

隊長
それは、自分ばっかり我慢して、

やりたくもないのにやっているってこと?

 


ママ

料理は好きですよ。だからやりたくないわけじゃない。

でも・・・。

 

隊長
でも?

 


ママ

文句を言われることに疲れたんです

文句を言われないように、言われないようにしたのに、

文句は際限なくでてくる。

「そんな都合のよい人になれるか!」

って、思うんです。

 

隊長
文句は言わせておけばいいじゃない。

「あ、そうですね。あなたはそう思うんですね」

でいいんじゃない?

なんでいちいちあなたが他人の言うとおりにしなきゃいけないの?

 


ママ

それができたら、こんな風にストレスためませんよ。

 

隊長
なんでできないの?

ストレスためるのが好きなの?

他人なんて、好き勝手にいいたいこというものでしょ?

なんでそれを全部聞かなきゃいけないと思っているの?

 


ママ

全部聞かなきゃいけないとは思っていません。

聞き流すことができることもありますよ。

でも、家族から言われると、なかなか聞き流せないのです。

 

隊長
それはどうして?

家族だとどうして聞き流せないの?

 


ママ

毎日一緒にいる人だし、

自分も小さい頃、

「こうしてほしかったのに!」

と思うことはいっぱいあったので、

家族の言うことはなるべく聞いてあげたいって思うからだと思います。

 

隊長

小さい頃、

「こうしてほしかったのに!」

って思ったのに、してもらえなかったことに、

今でも腹が立っているのかもね。

 

 

ママは、隊長さんと話している間に、

自分が小さい頃、両親から「こうしてほしかったのに!」と思うことがいっぱいあって、

思った通りにしてもらえなかったことにイライラしたことを思い出しました。

そして、自分のような思いを家族にはさせたくないと思っていたことに気がつきました。

 

***

 

家族から文句を言われたときに、

ストレスがたまるときってありますよね?

 

「こんなに頑張っているのに!」

と思ったら要注意です。

もしかしたら、頑張っているからこそ、

ストレスになるのかもしれません。

 

ママのように、

「自分のような思いを家族にはさせたくない」

という思いからやっていることは、

頑張ってやるでしょう。

 

でもね、

そんな風に頑張ることは大抵、

うまくできないと思うことがあると、

誰よりも自分が自分にだめ出しをするんですよ。

それで、ストレスがたまっちゃう。

放っておけば、魔のスパイラルにはまるかもしれません。

 

魔のスパイラルに入っているのが楽しいという人は

なかなかいらっしゃいません。

 

そういうときには、

だめ出ししていたことに花丸をつけましょう!

 

子どもの頃の「こうしてほしかったのに!」と思ったのに、してもらえなかったことの

デメリットと感じることばかりを見ていると、

自分のような思いを家族にはさせたくないと思いますが、

実は、デメリットと感じることと同じだけメリットと感じることがあります。

 

デメリットと感じることと同じだけ、

メリットと感じることがあることが分かると、

「自分のような思いを家族にはさせたくない」という思いが消えて、

自分がこころからしたい、という気持ちから、

「何ができるか?」

について考えるように意識が切り変わりますよ。

 

もしかしたら、

子どもの頃の「こうしてほしかったのに!」と思ったのに、してもらえなかったことは、

とてもたくさんあるかもしれません。

具体的な瞬間に行くことができるものから、

1つ1つ丁寧に、メリットを確認しましょう。

 

もし、一人では見つけるのが難しいけど、見つけてみたい!という方は、

おしゃべり会、お悩み解消セミナー、個人セッションをご用意していますので、

是非、わたしにお手伝いをさせてくださいね!

 

続きます♪

 

ブログランキングに参加しています♪ いつも応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ

 

7月のイベントのお知らせ

 

*おしゃべり会

■その1

● テーマ:「なし」参加者のお悩みについて、とことん語り合います。。
● 日 時:2018年7月11日(水)10:00~11:45 出入り自由です♪
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

 

■その2

● テーマ:兄弟姉妹ケンカのイライラについて、とことん語り合います。。
● 日 時:2018年7月21日(土)10:00~11:45 出入り自由です♪
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

 

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

*お悩み解消セミナー

● テーマ:夏休み本番!気持ちよくお手伝いをしてもらうコミュニケーションを身につけよう!
● 日 時:2018年7月21日(土)13:00~15:30 15分前から受付
● 場  所:名古屋地下鉄本陣駅から徒歩約10分の会場

くわしくは、こちらをご覧ください♪

 

この記事をSNSでシェアしていただけると、とってもうれしいです♪

コメントする

あなたのe-mailアドレスは発行されていません。 Required fields are marked *