お子さまのやる気UPに効く価値観の活用法

こんばんは!媛乃陽奈です♪

前回の記事では、
「中学受験に役立つ価値の序列(価値観)のお話」
についてお届けしました。

今回のテーマはこちらです!

 

中学受験を控えたお子さまを持つ親御さんのお悩みといえば、
なんといっても、お子さまのやる気がない、やる気が続かないこと!

「勉強しなさい!」
と、口を酸っぱくして言っているけど、
なかなか勉強してくれない。

勉強をはじめたと思ったら、
集中力が続かず、すぐにやめてしまう。

「○○した後に、勉強する」と約束したのに、
あれこれ言い訳をして、結局やらない。

などなど、
親御さんが想定されているように、
計画通りに勉強しているお子さまは、
残念なことに少数派のようです。

ライオン株式会社が2017年に行った
ストッパ受験生の親に関する実態調査
によれば、
お子さまが2018年に初めて受験に挑戦する親御さんのうち、
62.5%の親御さんが、
お子さまが受験勉強を開始してから、
以前と比べてストレスが増えたと感じると答えたそうです。

そして、トレスの原因について聞いたところ、
受験するお子さまの姿勢や成績などが上位に挙がったそうです。

つまり、
お子さまのやる気は、
親御さんのストレスに直結するのです!

お子さまが受験勉強をしない理由は、ズバリこれ!

お子さまが受験勉強をなかなかしない理由はなんでしょう?

ズバリ、

お子さまにとって、受験勉強の価値が低いからです!

前回の記事で、価値観についてお伝えしたように、

人は誰でも、
価値を置くことに取り組むときには、
すぐに取り組むことができて、
自発的に行動できて、
行動に集中できて、
広い視野で、長期的な視点をもつことができて
困難にであっても、それを乗り越えようとすることができ
人生に充実感を感じることができます。

逆に、
価値を置いていないこと、どうでもよいことに取り組むときは、
なかなか取り組むことができず、先延ばしにしようとして、
モチベーションが必要で、
すぐに注意散漫になり、
狭い視野で、短期的な視点しか持てず、
困難にぶつかったら、すぐに逃げようとしてしまい、
負の感情が生じやすいのです。

お子さまにとって、
受験勉強が価値が低いものとなっていると、
受験勉強になかなか取り組むことができず、先延ばしにしようとして、
受験勉強に取り組むのにモチベーションが必要で、
受験勉強をはじめてもすぐに注意散漫になり、
困難や壁にぶつかったら、すぐに受験勉強から逃げようとしてしまい、
負の感情が生じやすいのです。

お子さまにとって、受験勉強が価値の低いものになっていませんか?

中学受験の指南書やウェブサイトを見ると、
なかなか勉強をしてくれないお子さまを
やる気にさせる方法として、
声がけの方法であるとか、
環境を整え方なんかが紹介されていますよね?

でも、
お子さまにとって、受験勉強が価値の低いままになっていると、
うまく声がけしたり、環境を整えてもなかなか効果が現れません。

お子さまにとって、受験勉強が価値の低いままになっていると
受験勉強に取り組んだとしても、
注意散漫になりやすいので、成果が現れにくいし、
成果がなかなか現れないという壁にぶつかったら、
すぐに嫌になってしまって、やめてしまいたくなるのです。

なので、
お子さまにとって、受験勉強が価値の低いままになっていることは、
たんたんと中学受験に取り組む上で、
最も忌むべき状況だとも言えます。

お子さまにとって、受験勉強が価値の低いものになっていませんか?

お子さまは、中学受験をする意義、目的を
しっかり分かっていらっしゃりますか?

お子さまにとっての受験勉強の価値を高める!

お子さまにとって、受験勉強が価値の低いものになっている場合、
万事休すか、というと、そうではありません。

お子さまにとっての受験勉強の価値を高める方法があるのです!

それは、
お子さまにとって価値が高いことと、
中学受験、受験勉強とをリンクさせること!

「リンク???」

ってなりました?

そう、「リンク」、関連づけることです。

お子さまにとって価値が高いことと、
中学受験、受験勉強とは、
一見、何の関係もないもののようにみえます。

しかし、お子さまにとって価値が高いことと、
中学受験、受験勉強とをリンクさせることは可能です。

どんなものでも関連づけることができるんです!

お子さまにとって価値が高いことと、
中学受験、受験勉強とをしっかりとリンクさせることができると、
お子さまの中の、受験勉強の価値が高まります。

そうすると、
受験勉強に、すぐに取り組むことができて、
自発的に受験勉強ができて、
受験勉強に集中できて、
困難にであっても、それを乗り越えようとすることができるようになります。

そんな風になってくれたら、
とってもうれしいですよね?

例えば、鉄道が大好きなお子さまの場合、
鉄道と、
中学受験、受験勉強とを関連づけるのです。

高瀬志帆さんのマンガ「二月の勝者」をご存知の方は、
「もしかして、黒木先生がやってた、あれ?」
とお思いになったかも知れません。

そうです、あれです。

まずは、
お子さまが高く価値をおいているものと、
中学受験とをリンクさせましょう。

受験する中学に、
鉄道研究部(サークル)があるなら、
頑張ってその中学に入れれば、
好き鉄道を思いっきり研究できて、
鉄道好きの仲間と、マニアックな話ができて、
鉄道イベントに仲間と一緒に行けて、
・・・
と、中学受験と、鉄道とをリンクさせることで、
中学受験をして、その中学に入学することは、
より大好きな鉄道に取り組む環境を手に入れることができることなんだ!
と、お子さまにとっての中学受験の価値が高まります。

どれくらい、リンクさせればいいかは、
お子さまにもよります。
10個ぐらいでも十分というお子さまもいらっしゃれば、
200個ぐらい挙げて、
ようやくリンクできたというお子さまもいらっしゃいます。

うまくリンクできると、
その中学に入りたい!という思いが高まり、
中学受験を自分事としてとらえてもらえるようになります。

 
次ぎに、
お子さまが高く価値をおいているものと、
受験勉強とをリンクさせましょう。

教科によって好き嫌い、得意不得意がある場合、
たいてい、お子さまが価値をおいているものに強く関連するものについては、
好き、得意の部類に入っているはずです。

例えば、鉄道好きのお子さまは、
地理や、旅人算なんかは得意であることが多いようです。
それは、鉄道との関連性がわかりやすく、
自然と興味が湧くからですね。

他の教科も鉄道と、関連づけることで、
お子さまにとっての価値が高まります。
そうすると、勉強する意欲がぐぐっと高まります。

いかがでしたか?

今回の記事では、
お子さまのやる気をUPさせる、という切り口で、
価値の序列(価値観)の活用方法についてお伝えしました。

お子さまにとって価値が高いものと、
中学受験、受験勉強をリンクさせるこつは、
お子さまの行動が変わるまで、
根気よくリンク付けすることです。

200個あげてもだめだったら、
500個と、お子さまの行動が変わるまでリンクをすることです。

お子さまのやる気がUPすれば、
親御さんのストレスが増えずにすみ、
お子さまのことをたんたんと応援しやすくなります。
お子さまのやる気でお困りの方は、
是非、試してみて下さいね。

なかなかうまくできないという方は、
「価値観を活用してやる気をUPさせる講座」
を不定期に開催していますので、
是非、ご参加下さいね。


お子さまのやる気はあるけれども、
それでも、やっぱり、
思ったようには勉強してくれなくて、イラッとする!
と、悩んでいらっしゃいませんか?

大丈夫!
悩んでいるのはあなただけではありませんよ!

お子さまに理想を押しつけたくないけれども、
ついつい理想とかけ離れた現実にイラッとしてしまう。
実は、中学受験のサポートする上で、
お子さまとの適度な距離感を保つのは難しいのです。


そこで次回は、
「受験勉強にまつわる『イラッ』に効く、小話」
についてお届けします♪

お子さまのやる気UPに効く価値観の活用法
トップへ戻る