おすすめの本

bt

研究職、技術職、開発職などの理系職の女性が、「家族関係を充実させ、夢見た人生を生きる!」のに役立つ、おすすめの本をご紹介します。
LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲

2人のお子さんのお母さんで、facebookのCOOのお仕事をされている、シェリル・サンドバーグさんの著書。

■ 会議でテーブルに着くのを遠慮し、部屋の隅に行く女性達
■ ビジネスでの成功が、男性の好感度にはプラスに働き、女性にはマイナスに働lきやすいこと(ハイディとハワード実験)
■ 女性は、自分が成功しているにも関わらず、過小評価してしまう、インポスターシンドロームにかかりやすい
■ 女性は、良い仕事をすればきっと誰かがティアラを被せてくれると期待する、ティアラシンドロームにかかりやすい

などなど、女性が働く上で遭遇しやすい悩みや課題が、事例を交えながらわかりやすく整理されています。

悩みや課題に遭遇したときに、自分がどの点で行き詰まってしまっているかを整理するヒントが満載です。


「時間がない」から、なんでもできる!

3人のお子さんの子育てをしながらハーバード公衆衛生大学院に留学し公衆衛生修士号を取得した、産婦人科医の吉田穂波さんの著著

産婦人科医の仕事と、3人の子どもの子育てをしながら、ハーバード公衆衛生大学院を受験し、家族と一緒に留学、大学院を修了された体験に基づき、働く女性の時間術と、自分がやりたいこと目標をかなえるためのマインドセットについて書かれています、。

「子どもがいるから、できない」、「時間がないから、できない」といろいろなことを諦め、自分にだめ出しをしがちですが、 この本を読むと、自分が本当にやりたいと思うことは、どんな手段を使ってでも、なかなか上手くいかず試行錯誤しようとも、決して諦めず、なんとしてでも実現するように、勝手に行動できてしまうのだということが腑に落ちます。

自分が楽しいと思えることをすることを後回しにせず、罪悪感を抱かずに楽しむこと。
働く女性が自分のやりたいことを実現させるために、ヒントが満載です。