受験勉強にまつわる「イラッ」に効く、小話

こんばんは!媛乃陽奈です♪

早いもので、新年度がはじまってからしばらくが立ちました。
新年度のスタートダッシュはうまくいきましたか?

さて、今回のテーマはこちらです!

お子さまのやる気はあるようなんだけれども、
それでも、やっぱり、
思ったようには勉強してくれなくて、イラッとする!
ということってありますよね?

でも、そのイライラ、
よーく考えると、自分自身の美化した経験を
子どもに当てはめようとしているものきているかもしれません。

私が経験したイライラに基づく小話をいくつかご紹介します!
 

 
私は、娘の中学受験の直前に、
イラッとする機会が増えました。
それは、中学受験直前なのに、
勉強のペースがダウンしたからです。
 
「え、なんでここでペース落としちゃう?」
「あとちょっとじゃないの?!
 ここで頑張らなくていつ頑張る?!」
 
と思いました。
そして、そういう感覚を持つのが普通だと思っていました。
 
ところがです。
旦那に相談したところ、
思いもよらない返事が返ってきました。
 
「テストの前だからって、
 自分のペースを崩さないよ、僕は。
 そっちの方が、いつもの力が発揮できるでしょ」
 
えええええ!
そんな答えが返ってくるなんて、
想像もしませんでした。
 
私のなかでは、
 
テストの直前=追込みをかける、とにかくつめこむ
 
だったのですが、
旦那の場合は、
 
どんなときでも自分のペース
 
だったのです。
そしてどうやら娘も旦那派だったようでした。
 
十人十色といいますが、
勉強のスタイルって本当に人それぞれなんですね。
だから、自分のやり方を子どもに期待しても、
できないことの方が多いのが普通なんです。
それを無理矢理やらせようとするから、
イライラしてしまうんですね。
 
お子さまの勉強スタイルと、
ご自分の勉強スタイルは違って当然!
と思っておくといいですよ!
 

中学受験の問題って、
高校受験や大学受験の問題に比べると
当然のことながら簡単ですよね?

ちょっと難しい学校の問題でも、
親御さんだったら簡単に解けてしまったりします。

だから、「中学受験は簡単!」って思いがちです。

そうすると、お子さまの成績が振るわないときなんかに、
「ちゃんとやればできるのに!」
「なんで成績があがらないの?!」
と、ついつい思ってしまいます。

しかし、小学生のお子さまからすると、
学校で習っていること以上の問題が出題されたりするわけですから、
受験勉強は簡単だとは思えません。

中学受験で合格することは、
大人が難関試験に合格するのと同じくらい難しいのです。

難関試験、例えば、
・弁護士試験、
・公認会計士試験、
・英検1級
などなど、
ご自分が3年間ぐらい勉強して、
合格できるかな~と思うぐらいのもの
を想定するとよいです。

そりゃ、ただでさえ、難しくて苦戦するだろうに、
「ちゃんとやればできるのに!」
「なんで成績があがらないの?!」
と言われたら、かなりプレッシャーになりますよね?

それと同じくらいのプレッシャーが、
お子さまにかかっていると思うと、
見方が変わりますよね?

私自身は、中学受験をしていませんが、
高校受験は割と頑張ってやって、希望の高校に受かったので、
受験というと得意分野です。

私のような、試験によい思い出がある人は、
お子さまの受験を、
自分の受験のように思ってしまうことがあるようです。

自分ができた過去の栄光が、
ぎらぎらとよみがえってくる感じですね。

そういう方は、
お子さまの勉強をみるのはやめた方がよいです。

それは、
勉強の進捗に口を出したくなって、
自分の思ったように勉強させたくなるからです。

ご自分の美化した過去の栄光と、
お子さまとを比較して、
お子さまをご自分のようにしようとします。

知識も、経験も大きく違うのだから、
あなたと同じように勉強させるのは無理ですよ!

そうすると、当然のことながらうまくいかずイライラします。
行き過ぎると、教育虐待をしてしまうことにもなりかねません。

試験が得意な方ほど、
勉強環境を整えるのに徹し、
学習面は、塾、家庭教師など、他の人に任せた方が賢明です。

どうしてもご自分で教えたい時には、
受験にまつわるよいイメージを形成している
思い込みを外してからにするのがおすすめです。

 

いかがでしたか?

今回の記事では、
受験勉強にまつわる「イラッ」に効く、小話についてお伝えしました。

お子さんの中学受験をサポートしていると、
ご自身の受験にまつわる、トラウマや思い込みが出てくることがよくあります。

どうにもイライラするな、と思ったら、
一旦引いてみて、どうしてイライラしているかを考えて見て下さいね!

旦那さまに相談してみるのもおすすめです。
全く違った意見が返ってきて、
思い込みに気づくことができるかもしれませんよ!

また、イライラしていることを紙に書き出すのもおすすめです。
紙に書き出すことで、何にイライラしているかや
イライラのもとになっている思い込みが簡単に整理できます!

そこで次回は、
「紙に書くだけ!イライラの整理の仕方」
についてお届けします♪

受験勉強にまつわる「イラッ」に効く、小話
トップへ戻る