合格するには塾に行った方がいい?!

こんにちは、媛乃陽奈です♪

初めて実施される大学入学共通テストが、
今日から始まりましたね!

11都府県に緊急事態宣言が出された中ですが、
存分に実力が発揮できることを願っています。

さて、本日のテーマは
「合格するには塾に行った方がいいかどうか」
です。

私が住む愛知県は公立王国とも呼ばれ、
中学受験をするお子さんは全体の一割程度の少数派です。
それでも、
「中学受験で合格したいなら塾に行った方がいい」
というご意見が割と多く、
中学受験のために小学校4年生頃から、
塾に通っていらっしゃる方もいらっしゃいます。

中学受験の勉強、どういう風に準備したらいいか分からないので、
塾などの専門家に丸投げしたものの、
本当にこれでいいのかな?って不安になることってありますよね。

塾に通ったからといって、必ず合格できるわけではないし、
塾なしで志望校に合格したお子さまもいらっしゃいます。

そうすると、
「塾に行った方がいいかどうか」
を考える上で鍵となるのは、

子どもにたんたんと勉強してもらうには、
 塾に通った方がよいかどうか

という視点です。

今回の記事では、お子さまのタイプから
塾に通った方がよいかどうかを整理したいと思います。

■塾に通うのが向いているお子さま

●効率的に勉強したい

塾は、中学入試に関するデータをたくさん持っています。
志望校に入学するには、どれくらいの成績が必要なのか、
どんな受験スケジュールで臨めばいいのかを
プロの視点で教えてもらうことができます。
志望校に出題傾向に合わせた授業をしてもらうことで、
効率よく志望校の入試対策をすることができます。

●勉強のリズムをつくりたい

ほとんどの小学生のお子さんは、
自分でスケジュール管理をできません。
塾にあれば、毎週決まった日に、
決まった時間授業を受けることになるので、
自然と学習のリズムができます。

●ライバルと切磋琢磨した

同じ目標に向けて頑張る仲間やライバルがいた方が
頑張れるお子さんには塾が向いています。
負けず嫌いのお子さんは、
ライバルに勝とうとやる気が高まります。

●勉強する場が欲しい

家ではなかなかやる気が出ないというお子さまの中には、
家以外に勉強の場を確保するという理由で
塾に通っているお子さまもいらっしゃるようです。

■塾に通うのが向いていないお子さま

●マイペースで勉強したい

塾ではカリキュラム通りに授業が進められるので、
塾の学習ペースがあわせるのが苦手な場合は、
塾に通うのは難しいです。

●決まった時間拘束されるのが嫌い

「決まった時間に塾に通うことはハードルが高い」
と感じるお子さまには、塾は向いていません。

●得意、不得意にムラがあり、ピンポイントで学びたい

塾では、決まったカリキュラムに沿って授業が進められるので、
不得意分野でけ学びたいという要望はかないません。
また学力によってクラス訳がされている場合、
通常全教科総合の成績によってクラスが振り分けられます。
そうすると、苦手科目の授業についていけない、又は
得意科目の授業が簡単すぎる、ということが起きやすいです。

●人目が気になる

一人の方が集中できるお子さまや、
人前ではなかなか質問ができないお子さまは、
個別指導塾、家庭教師、家での学習の方が向いています。

いかがでしたか?

うちの娘は、

決まった時間に塾に通うことはハードルが高く、
マイペースで勉強したいタイプだったので、
塾に通うのを嫌がりました。

かといって、
個別指導塾や家庭教師も嫌がったので、
塾の模試を活用しながら、
娘の学力に合わせたカリキュラムを作成し、
家で勉強してもらいました。

実際にやってみて分かったのは、
「塾に行かなければ受験対策ができないわけではない」
ということです。
大抵の学校は、誰でも過去問を入手できるので、
過去問から出題傾向を分析することはできます。
また最近は学習参考書、問題集がかなり充実しているので、
それらをうまく活用すれば、
子どもの学力にあったカリキュラムを作成できます。

塾に通うのは向いていないタイプのお子さまの場合、
「個別に対策ができる」
「マイペースに勉強ができる」
といった、塾ではできない強みを活かすことができれば、
「塾に通わなくても大丈夫かしら・・・」
と不安にならなくてすみます。

「この方法で大丈夫!」
と思えれば、
たんたんと勉強させやすくなりますよ!

次回は、
中学受験を控えたお子さまの
「最強の応援者になるために押さえたいこと!」
についてお届けします♪

合格するには塾に行った方がいい?!
トップへ戻る